電話占いが当たらない5つの理由!当たる占い師の見分け方は?

電話占いの口コミの中には、「当たらない」という意見を時々見かけます。
確かに、電話占いは100%当たるわけではありません。
しかし、よく当たる占い師のちょっとした見分け方を覚えておくと、電話占いで失敗しにくくなります。
「電話占いで当たる占い師になかなか出会えない…」
今回はそんな電話占いの悩みを解決していきたいと思います。

電話占いはそもそも当たらない?

このページで分かる事

結論から言えば、答えは「NO」です。
電話占いをしたことがない人の中には、「そもそも当たらないんじゃないの?」と内心思っている人もいるかもしれません。
しかし、電話占いによって、実際に救われている人もいるのです。
その証拠に、電話占いをした人の体験口コミが、ネットでは数多く公開されています。
ネットの口コミ全てが100%真実とは限りませんが、それでも「電話占いが当たった!」という声は少なくありません。
また、芸能人や会社社長など、社会的に成功した人の中には、「占い」や「ゲン担ぎ」を頼りにしている人もよくいます。
100%ではないとしても、電話占いはちゃんとしたプロの占い師を選んで鑑定してもらえば、今後より良い人生を送るヒントをもらうことができます。
ただし、占い師というのは誰でもいいわけではありません。
電話占いでよく当たる占い師を引き当てるためには、ちょっとした見分け方を知っておく必要があります。
電話占いで「当たる占い師」と「当たらない占い師」ではどこが違うのか?
電話占いが当たらない5つの理由や、当たる占い師の見分け方をしっかり覚えておきましょう。

電話占いが当たらない理由【1】占い師のスキル不足

電話占いが当たらないと言われる1つ目の理由は、「占い師のスキル不足」です。
スキル不足の占い師の問題点や解決策について確認しておきましょう。

【問題点】副業&鑑定歴が浅い占い師は注意が必要

電話占いが当たらない占い師というのは、「スキル」に問題があるケースが考えられます。
電話占いの中には、「占いを本業にしているプロ」がいる一方、「昼間はOLや主婦をしているお小遣い稼ぎの副業の占い師」もいます。
当然、占いを本業にしているプロの方がスキルも経験も上。
副業の方がスキルや経験が乏しく、「当たり」「ハズレ」の個人差が激しくなりがちです。
スキルや経験が未熟な占い師を選ばないようにするためには、「鑑定歴」の長い人を選んだり、待機スケジュールから「副業の占い師」かどうかを判断しましょう。

占い師がプロか副業か見分けるコツはあるの?
占い師
個人差はあるけど、プロは日夜問わず長時間待機していることが多いのに対して、副業の場合は「深夜のみ」や「日中のみ」と待機スケジュールが偏りがちです。
確かに、待機スケジュールって、占い師によって全然違うね。
占い師
深夜は仕事終わりのOL、日中は子供や旦那さんがいない間に副業をしている主婦など、副業占い師は本業と掛け持ちしているので、待機時間が短くなりやすいです。

【解決策】本業でやっているプロの占い師に依頼する

電話占いでスキルの未熟な占い師を回避したいなら、占いを本業にしている「プロ」を選ぶのが重要です。
プロかどうかの具体的な見分け方として、「待機時間」が一つの目安になります。
電話占いを本業にしているプロの占い師の待機時間は、一般的に1日「6時間~8時間」程度。
一部の売れっ子占い師を除き、待機している間、コンスタントに依頼が来るわけではないので、占い一本で生計を立てるなら、それなりの待機時間は必須です。
そのため、待機時間がたった2~3時間しかない占い師というのは、別に本業を持っている副業の占い師である可能性が高いと考えられます。

占い師
ただし、スキルや経験があっても、「高齢」や「持病」を理由に長時間待機できないケースもあります。
スキルが未熟な当たらない占い師は、何度か電話占いを依頼すると、「占いっていうより、何だか人生相談みたい」と、次第に物足りなさを感じてきます。
何度もお世話になっていると、ついつい信用してしまいがちですが、「占いが当たらないな…」と感じたら、早々に見切りをつけることも大切です。

電話占いが当たらない理由【2】占術

電話占いが当たらないと言われる2つ目の理由は、「占術」の問題です。
電話占いではどの占術で占ってもらうかも重要なポイントになります。

【問題点】霊感は当たりハズレが大きい占術

電話占いで、「当たらない!」と感じる人が多い占術として、「霊感」が挙げられます。
霊感は占い師のインスピレーションで判断されるため、生年月日や出生場所から判断される「西洋占星術」や「四柱推命」のような命術より根拠の薄い占術です。

占い師
ただし、霊感は電話占いで個人情報を一切使用しないですぐに鑑定できるため、「短時間で占ってほしい人」や「個人情報を言いたくない人」には人気があります。
また、霊感は占い師によって個人差があったり、その日の体調や疲れによっても変化しやすいため、常に良い状態をキープするのが難しいのも難点。
当たり外れが大きい占術のため、霊感頼りの鑑定に不安がある場合は、他の占いと組み合わせた「霊感タロット」や「霊感ルーン」のような占術を試してみるのも良いでしょう。

【解決策】霊感以外の占術も試してみる

電話占いには、霊感占いを得意としている占い師が多く在籍しています。
そのため、一度霊感占いを得意としている占い師を選んで「当たらない」と感じたら、次に挑戦する時には霊感以外の占術を得意としている占い師を試してみましょう。
占いには、霊術の他にも「命術・ト術・相術」があり、選択する占術が変われば、鑑定結果が異なる可能性があります。
特に命術は「統計学」とも言われ、「当たる!」と感じる人が多いので、一度挑戦してみることをおすすめします。

電話占いが当たらない理由【3】占い師との相性

電話占いが当たらないと言われる3つ目の理由は、「占い師との相性」です。
占い師との相性が悪い場合は、的中率が下がる可能性があります。

【問題点】占い師との相性は鑑定結果を左右する重大なポイント

電話占いの鑑定結果が当たるかどうかは、「占い師との相性」も大切です。
占い師の中には、何でもズバズバとはっきり伝えるタイプもいれば、相談者を傷つけないように言葉を慎重に選ぶタイプもいます。
選択する占い師によっては「この人には何だか話しにくい…」と感じることもあるため、鑑定を依頼する前に、占い師のタイプを把握しておくことは重要です。
例えば、悩みを抱えて精神的に参っている人の場合、はっきりタイプの占い師だと言葉がきつく感じられてしまいます。
逆に、どっちにしようか白黒はっきりさせたい人の場合、曖昧なことしか言わない占い師だと「せっかく相談したのに参考にならない!」と不満を感じることがあります。
その時の気分や性格によって、合うと感じる占い師のタイプはそれぞれ違いますので、どんな占い師なのか、事前に口コミなどをチェックして確認しておくと失敗しません。

占い師
占い師の方も、不信感を持っていたり、心を閉ざしている相談者は鑑定しにくいもの。相性が悪い相談者だと、鑑定結果の精度が落ちてしまうので、場合によっては鑑定拒否をする場合もあります。

【解決策】占い師との相性が悪いと思った時は早めに切る

もしも電話占いで相性が悪いと感じる占い師に当たってしまった場合、お互いに嫌な思いをしないように、早めに鑑定を切り上げてしまいましょう。
相性が悪く、アドバイスや指摘が的外れな当たらない占い師に、いつまでも付き合うのは時間とお金の無駄です。
ただし、鑑定を切り上げる場合は、電話を無言で切るのはNG。
無言で電話を切ってしまうと、「間違って切れてしまったのかな?」と、再度占い師から電話がかかってくる可能性があります。
鑑定を切り上げたい時には、「すみません。ここで鑑定を終了させてください」と一言告げてから電話を切るようにしましょう。

電話占いが当たらない理由【4】相談内容に問題

電話占いが当たらないと言われる4つ目の理由は、「相談内容」に問題がある場合です。
ベテランの占い師であっても当てるのが難しい相談内容もあります。

【問題点】時期当てや未来はそもそも的中率が低い

電話占いの相談内容の中でも、なかなか当たらないのが「時期当て」や「未来の行方」です。
「いつなら復縁できるか?」
「彼から連絡が来るのはいつなのか?」
「彼と結婚できるのはいつ頃?」など
恋愛相談では、「詳しい時期」を知りたがる人がとても多く見られます。
しかし、時期当ては、そもそも的中率が低く、確実に言い当てられる占い師はいません。
時期読みが外れれば、「当たらない」と口コミで評価されてしまう可能性も高いため、詳しい時期については言及したくない占い師も多いです。

占い師
占い師の中には、プロフィール画面で「具体的な時期読みはしない」と記載しているケースもあり、それを読まずに依頼してしまうと、後でトラブルになることもあるので、鑑定前によくチェックしておきましょう。
こうした的中率が低い相談をしている人は、電話占いで当たると評判の占い師に相談しても、なかなか満足できる結果を得られなくなってしまいます。

【解決策】占いに精度を求め過ぎない

占いは「あくまでも参考」であり、占い師の言ったことが必ず実現するわけではありません。
そのため、電話占いは話半分に聞いておくのがポイントです。
占いに精度を求め過ぎてしまうと、「当たらない!」と感じることの方が多くなってしまい、電話占いを楽しめなくなってしまいます。
どんなに当たる占い師であっても、全て予知できるわけではないので、的中率にこだわり過ぎないようにしましょう。

電話占いが当たらない理由【5】鑑定結果の受け止め方

電話占いが当たらないと言われる5つ目の理由は、「鑑定結果の受け止め方」です。
占い師側の問題ではなく、相談者側に問題がある場合もあります。

【問題点】良い鑑定結果じゃないと機嫌が悪くなる相談者がいる

電話占いの相談者の中には、期待した鑑定結果じゃないと、機嫌が悪くなる人がいます。
そういう人は、自分の期待した結果以外は全て「当たらない!」と決めつけ、口コミで占い師の悪評を広めてしまうことがあります。
しかし、いい事ばかりを並べて、現実では全く当たらない占い師より、相談者にとって都合が良くない鑑定結果であっても素直に伝えてくれる占い師のほうが信頼できます。
そのため、自分にとって都合が良い鑑定結果ばかりを求める人は、良い結果しか言わない「あげ鑑定」に弱く、知らないうちに質の悪い占い師にどっぷりハマってしまうことも少なくありません。

占い師
特に「不倫」や「三角関係」など、複雑な恋愛で悩んでいる人は、周囲に応援をしてもらえないため、話をよく聞いてくれる占い師に依存しやすいので注意が必要です。

【解決策】期待した結果じゃなくても受け止めることが大事

電話占いで期待した鑑定結果が出なかった時こそ、「そういう意見や見方もあるんだ」と冷静に受け止めることが大切です。
誰でも悪い結果はがっかりしてしまいます。
しかし、電話占いはいつも自分の期待通りの結果にはならないので、どんな結果であろうと、受け止める覚悟が必要です。
中には、自分の期待通りの結果が出るまで何人も占い師を渡り歩く「ジプシー」になってしまう人がいます。
自分の期待通りの結果を出してくれる占い師を探す時点で、「本来の占いの目的」からかけ離れており、あげ鑑定じゃないと満足できなくなっているので注意が必要です。

自分がジプシーになっているか判断する方法ってあるの?
占い師
ジプシーは「占い依存症」になっているケースが多く、電話占いの利用のし過ぎで
毎月高額な鑑定料金になりやすいのが特徴。中には、鑑定料金が高額過ぎて滞納する人もいます。

電話占いで当たる占い師の見分け方!失敗しないコツはコレ

電話占いで当たる占い師を探すには、3つの見分け方があります。
当たる占い師の見分け方を覚えておけば、これから電話占いに挑戦する時に失敗しにくくなります。

【1】信頼できる電話占いサイトを選ぶ

まず、電話占いで当たる占い師を探す1つ目の見分け方は、「信頼できる電話占いサイト」を選ぶことです。
占い師を選ぶ前に、やはり電話占いサイトがしっかりしているかが重要になります。
知名度がある大手の電話占いサイトは、集客力が高いため、占い師にとっても稼ぎやすい環境なので、実力のある占い師が集まりやすくなっています。
メディア出演をするような当たる占い師も数多く在籍しており、占い師の質が良いのが特徴です。
一方、中小規模の電話占いサイトは、在籍している占い師の数や体験談の口コミが少なく、鑑定依頼をしにくい場合がよくあります。
「どうしてもこの人じゃないと嫌だ!」と思えるほどの占い師がいる場合は、その人を選んだ方が良いですが、そうじゃなければ、大手の電話占いサイトを選んだ方が、占い師の質という点で安心です。

占い師
特に「電話占いヴェルニ」や「電話占いウィル」は、対面鑑定で有名な「千里眼」や「占いの館」でも活躍しているプロの占い師が数多く在籍しているのが特徴です。

【2】鑑定実績が豊富なプロの占い師を選ぶ

電話占いで当たる占い師を探す2つ目の見分け方は、鑑定実績がある「プロの占い師」を選ぶこと。
これまでご紹介してきたように、電話占いには、占いを専業にしているプロの占い師と、本業と掛け持ちをしている副業の占い師がいます。
占い一本で食べていけるほどの実力のあるプロの占い師と、お小遣い稼ぎの副業の占い師では、スキルも経験も全く違います。
そのため、電話占いで当たる占い師を探すなら、プロの占い師の方がやはりおすすめです。
ただし、実力のあるプロの占い師の場合、人気が高い人は、なかなか鑑定に入れないという難点があります。
そういう場合、予約機能のある電話占いサイトだと、人気の占い師もスムーズに鑑定してもらえるので安心です。

【3】口コミを信用し過ぎず直感を大事にする

電話占いで当たる占い師を探す3つ目の見分け方は、「直感」を大事にすることです。
実際に電話占いを利用した人の口コミも大事ですが、精度の高い鑑定を求めるなら「占い師との相性」の方が重要です。
例え100人が悪いと評価しても、自分にとって相性が良かったら、その占い師は相談者にとってベストな占い師となるわけです。
逆に、100人が良いと評価しても、自分にとって「相性がイマイチ…」と感じた場合、その占い師は「失敗」となります。
つまり、相性重視で占い師を選択する場合、口コミの意見はそれほど参考にはならないということです。
むしろ、「直感」でピンッと来たなら、それはその占い師との「ご縁」があるということ。
口コミを過信して選ぶより、自分の直感を信じて選んだ方が当たる占い師に出会える場合もあります。
これまで口コミばかり見て占い師を選んだ結果、「当たらない」と感じていたなら、これからは「直感」も参考にして選んでみましょう。

「電話占いが当たらない!」といってジプシーになるのは要注意

電話占いが当たらないのは、占い師に問題があるとは限りません。
時には、相談者に問題があるケースもあります。
特に、自分の期待した結果じゃないと満足せず、ジプシーになっている人は要注意。
冷静な判断ができなくなっており、占い依存症になっている可能性があります。
例え悪い結果が出たとしても、自分とは違う意見を「アドバイス」として受け入れることも大切です。
都合の良い言葉ばかりを信用すると、あげ鑑定の泥沼にはまってしまいます。
当たる占い師の見分け方をヒントに、実際に電話占いで自分にピッタリ合う占い師を探してみましょう。