ソウルメイトということはわかるけど何?という人は多いかと思います。
ソウルメイトは本来一つの魂が何かのきっかけで生まれる前に二つに分かれてしまい、二つの個別の魂になり二つの体に入ってしまった状態になります。
そして今回は霊視できる霊視者が見てきたソウルメイトとの存在やそこで起きたトラブル、なぜそうなったのか、自分で探すことの危険さなどもインタビューを敢行してきました。
個別にはなっていますが根っこが同じなので、双子に近いと考えてもいいかもしれません。
このことから魂の双子などと呼ばれることもあり、ソウルツインズ等の表記もあります。

ソウルメイトインタビュー詳細記事
ソウルメイトってどんなもの?霊視者にガチンコンタビュー!

ソウルメイトってどんなことができるの?

ソウルメイトってどんなことができるの?

ソウルメイトはもう一人の自分になります。
育った環境や地域が違うことで性格などは一見すると違ってきますが、根っこの思考回路や癖、好きな食べ物が同じなどの場合もあり、共通点が多くてソウルメイトを考えるようになったなどの報告も多く上がっています。

友人としては最高の存在であり、ビジネスパートナーとして出会えば鉄壁のタッグになるというのもソウルメイトになります。

パートナーとしては良いけれども、それ故に様々なトラブルがあるのもソウルメイトの特徴になります。
ソウルメイトは決していい事だけではないという意見もあり、霊視できる霊視者にソウルメイトについて解説してもらいました。
ソウルメイトは私達が思う以上に複雑なものであり、それゆえにおきてしまうこともでてきます。

ソウルメイトの見分け方

ソウルメイトは誕生日が同じことが多くあげられますが誕生日を単純な数字ではなくアナグラムにした際に同じになる、出生の時間が午前午後で対象になるけども数字が近い、数字を組み替えることで同じになるなども目安になります。
ですがほとんどの人はここに至ることなくすれ違うことがほとんどでありよほど気になる場合でなければという条件でもあります。
そのきになる、がソウルメイトの発見のきっかけになることも珍しくありません。

最初は何か嫌な感じがすることもある

ソウルメイトだから必ず気が合うとはかぎりません。
もう一人の自分であるからこそ反発してしまったり、一つになれない部分なども出てきて不通と考えてももんだいはありません。
はじめにとても嫌悪感を感じるのも時分だからこそ、ということもあります。
それを越えられるのがソウルメイトであるといってもいいでしょう。

最大の理解者

最大の理解者であり、サポートなどもしっかりとしてくれる部分などを見てもれ憤怒パートナーやビジネスパートナーとしてはこれ以上の無い相棒になれるのもソウルメイトの特徴でもあります。
ソウルメイトはかならず同性ということもなく、男女であることも多いです。
この場合は女性の魂が男性の体に入っている状態なので、恋愛のパートナーとしてはあまりうまくいかないことも珍しくありません。
インタビューでもこの部分に大きく振れてみたのでそちらの方も参照にしていただけると嬉しいです。

ソウルメイトインタビュー詳細記事
ソウルメイトってどんなもの?霊視者にガチンコンタビュー!

波長が合うとソウルメイトは違う

やけに気が合う。波長が合う。でもこの場合はソウルメイトではないことも珍しくありません。
人はそれぞれオーラや波動をもっており、その周波などが近い人とは自然に惹かれあうようになっています。
昨今ではSNSなどでもこのような現象が多くなっており、ワールドワイドに同じ波長やオーラのある人と出会える可能性が出てきました。

波長が合うなど話や考え方、たとえ考え方が違っていても嫌悪感が出てこないなどもあり、この場合はカップルなどになってもひじょうにいい状態になることが多くあります。

必ずおなじ人種ではない

日本人のソウルメイトはかならず日本人である可能性はありません。
魂なのでどこで生まれているかはわかりませんが、アジア人ならばアジア圏であることが多いことも一つの例としてあげられます。
ですが稀に日本人とヨーロッパ圏のソウルメイトなどもあり、魂は実に自由だということもわかります。
この場合の出会いの多くがSNS等がきっかけであることからSNSなども新しい縁をつくる場所として大きな存在になりつつあるといってもいいでしょう。

もう一人の自分

もう一人の自分だから遠慮しなくていいという反面、反発しあうのもソウルメイトのきっかけにはよくあります。
ですがある日ふと隣を見たらそこにいた、色んなことを乗り越えてきたときに常にそこにいた。
そんな存在がソウルメイトである可能性もあります。

自己診断はしない

自己診断はしない

ソウルメイトは自己診断をすることが非常に危険です。
霊能者や霊視者に見て貰うことでそのオーラや波長がしっかりとかみ合っているのかなどの判断をしてもらうことでお互いを大事にすることにも繋がります。
自己診断は非常に危険なので、もしかしてソウルメイトかな?と思った際には相手の了承を得て二人で一緒に写っている写真などを持参してかんていしてもらうなどがベストになります。
勿論二人一緒に鑑定してもらうのが一番ですが難しいときはそのようにしても鑑定してもらえるので専門家に見てもらうようにしましょう。

無理に探さないことも大事

ソウルメイトの多くが自分で無理に探さずに出会うことがほとんどです。
ソウルメイトを探しに行く!などの企画などもありますがソウルメイトはかならず存在するわけではなく、基本的に魂は一つで生まれてくることがほとんどです。
稀だからこそソウルメイトであり、本当にソウルメイトである場合には様々な理由で共鳴し合うこともあります。

ですが、一方が危険な状態の時にはあえて連絡を絶ってしまう等もあり引き寄せなどが翁場合も珍しくありません。
これは片方を守ろうとする行動であり、魂を完全に消滅させないためと考えるととても納得できることだと思います。

無理に探さずに、出会えたらいいな、程度で考えておくことが大事になります。

ソウルメイトがいなくてもがっかりしない

基本的にはかならずいるものではなく、いる方が珍しいのがソウルメイトです。
見つからないからといってがっかりする必要はありません。
同じオーラや波長の合う人は必ずいます。そういう人もひじょうに自分にとっても心地よい存在であり、人生の伴侶に選ぶ基準になったりもします。

気が付いたら一緒に居たいと思った。などは波長やオーラが近い人であることも多く、位になった際には占い師や霊視者、電話占いなどで聞いてみるとしっかりとした判定をしてくれます。

気になるときは鑑定してもらうことが大事

気になるときは鑑定してもらうことが大事

インタビューにもありますが前世からの因縁で出会ったけれども、これがソウルメイトや波長が合うなどに勘違いや置きかえられることもあります。
この場合は時間がたつほど危険であり、気が合うけどもなんか不安を感じるなどの場合がそれであることも多いです。
その場合には霊能者に鑑定してもらって安全かどうか、もし因縁があるならきることができるのか、切れないほど根深いものであれば距離を置くことが大事なのかどうかなどを相談することでいい友人になれることもあります。

前述にもあげましたが魂や霊的なものは私達一般人が自分で判断することは非常に危険な行為です。
霊能者や霊視者にしっかりとみてもらうことで、過ぎていく日々を穏やかに最高のパートナーと過ごすことにつながると考えてもいいといえます。