占術

四柱推命とは?8つの分類も紹介!【これから占いを始める人へ】

「四柱推命って目にするけどどんな占いなの?」と気になる人もいるでしょう。

四本柱命は当たる占いとして知られています。

実際にツイッターでも好評のようです。
https://twitter.com/koori13uma/status/1335363657778176000

評判のようですが、どのような占いか分かりづらいですよね。

そこでこの記事では、四柱推命がどのような占いなのかをご紹介します。

また四柱推命の細かい分類も紹介しますので、ぜひ読み進めてみてください。

四柱推命って言葉は聞いたことがあるけど、漢字の印象で難しそう…。

占い師

たしかにイメージは難しいですよね。でもそれほど難しいわけではありませんよ。この記事を読めば四柱推命について理解できて、安心して占いが分かりますよ。

四柱推命(しちゅうすいめい)とは?

四柱推命とは、中国の陰陽五行説をもとにして生まれた占いです。

「過去、現在、未来」を予想し、もともとの素質や隠れた性格、才能を理解することで、今後の進むべき道を探していく占いの1つでもあります。

四柱推命では、生まれた日を占いの要素として重要視しています。

なぜなら四柱推命は以下の4つの柱で占いをするからです。

年柱(ねんちゅう)
月柱(げっちゅう)
日柱(にっちゅう)
時柱(じちゅう)

生まれた年、月、日、時間を利用して占いをします。

さらに年柱・月柱・日柱の3柱に対してそれぞれ干支が60種類あるので、細かい占いをすることができるでしょう。

四柱推命って生まれた日付と時間で占うんだね。意外と分かりやすいかも。

占い師

そうなんです!四柱推命はかなりわかりやすい占いですよ。

なぜ四柱推命は当たるのか?

四柱推命は的中率が高いと評判です。

なぜそれほどまでに的中率が高いと言われているのでしょうか。

四柱推命は4つの柱と60種類の干支を組み合わせて占うため、より細かく個人を占うことができるので、当たりやすいといえるでしょう。

へぇ~。占いが細かいから当たりやすいのかぁ~!

占い師

そうそうより細かく占いを分類しているから当たりやすいと評判なんだよ!

四柱推命8つの分類とは?

四柱推命にはさらに細かく分類されています。

どのような分類があるのか気になりますよね?

そこでここでは、四柱推命の以下8つの分類を紹介します。

干支(かんし)
十干(じゅっかん)
十二支(じゅうにし)
蔵干(ぞうかん)
通変星(つうへんせい)
蔵干通変星(ぞうかんつうへんせい)
十二運星(じゅうにうんせい)
天中殺(てんちゅうさつ)
運勢エネルギー

それぞれについて解説しますので、より四柱推命を知りたい方は是非読み進めてみてください。

干支(かんし)

干支(かんし)とは10種類ある十干と12種類ある十二支を組み合わせたものです。

【十干】
甲、乙、丙、丁、戊、庚、巳、辛、壬、癸
【十二支】
子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥

すべての組み合わせで60種類あります。

この60種類が年、月、日ごとに適応されるので、1人1人に合った占いができるのです。

十干(じゅっかん)

十干(じゅっかん)は、「甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸」の10種類のことを表します。

それぞれには以下のような意味があります。

十干(じゅっかん) 性格
甲(こう) 良い人の象徴です。まじで実直な人であり夢に対しても精神力が強くしっかりと計画的にかなえる傾向にあります。
他人への面倒や援助も惜しまないので、人から好かれます。しかし悪い面を許せずにしばしば衝突することもあります。運勢がよく、洞察力が優れています。
乙(おつ) 温和な性格の持ち主だと思われていますが、内にある思いはかなり強いです。人間関係をそつなくこなすので、仲間は多いといえます。あまり積極的にリーダーシップを発揮するわけではなく、最後まで目標を達成せずに終わってしまう面もあります。
丙(へい) 明るく積極的に物事に取り組むことができます。人懐っこく好かれやすいですが、離れやすい一面もあります。大きなことに挑戦し取り組むのも早いですが、持続力がないため、仕事がとん挫することが多いです。
丁(てい) 十干の中で一番良いといわれる性質です。運気が上昇しやすいでしょう。指導するのが得意で、人からも好かれます。謙虚な姿勢を続けられるため、敵対する人がいません。
戊(ぼ) 良い運気ですが、強情で自分の意見を押し通さないと気が済まない性質です。人からの信頼も薄いといえます。また持続力がないため、何かを成し遂げるのが難しいでしょう。
己(き) 野心が強いですが、表面に出さずじっと我慢できる性質です。しかしばくちが好きで、財産を失ってしまう人も多いでしょう。優柔不断で行動に一貫性がないのが特徴です。
庚(こう) 仕事好きで、他人のペースを乱すことがありません。目的もなくあれこれ手を出す癖があります。一般常識が欠けており、人への迷惑も平気と考えてしまう人がいます。また他人の話に乗っかりやすいのが特徴です。
辛(しん) わがままで1度言い出すと、止まりません。疑い深く優柔不断でもあります。心配事が多く苦労が絶えません。金運は良く貯蓄もできるため、将来苦労することはないでしょう。
壬(じん) 広い心の持ち主で、他人に対して尊敬も持ち合わせています。人に好かれやすいですが、競争心も強いでしょう。
運気もよく、人望や人徳もあるためリーダー的な存在になることも多いといえます。
癸(き) 気が短いですが、忍耐力が強いです。正義感が強いですが、融通が利かない面もあります。反対意見に耳を傾けることは少なく、相手を論破しないと気が済まない性格です。

すごい!十干だけで、かなりリアリティーのある性格まで分かるんですね。

占い師

そうそう。かなりどんな人か想像できますよね!ここまで細かいからこそ的中率が高いといわれるんですね。

十二支(じゅうにし)

十二支(じゅうにし)とは、「子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥」のことです。

実はそれぞれいしっかりと運勢があります。

干支 運勢
子(ね) お金を貯蓄する傾向にあります。細かいことにまで手が回り、人に尊敬されることも。
ただしふとした拍子に恋愛でお金を失ってしまうこともあります。几帳面な性格でもあります。
丑(うし) 我慢強く言葉足らずの面もあります。好き嫌いが強く自分の意見を押し通す強情さがあります。ただし目標に対してコツコツと作業できるため、大勢することもあります。
寅(とら) 観察力が鋭く冷静な判断ができるため、リーダー的な存在になることも。尊敬される反面強情な性格になりがちです。
どんなに目上の相手でも争ってしまう性格です。
卯(う) 愛嬌や人徳もあるため、人から好かれやすいです。人を立てることもできるため、人脈やお金回りもよくなります。
遠慮がちなため、考えをまとめて伝えるのが苦手です。
辰(たつ) 短期で競争心が強いのが特徴です。腰を低くして人と接することができないためたびたび争いも。前に進む力があるため、何事にも挑戦することができます。
巳(み) 財を築けるため、お金回りがとても良いでしょう。気を許せる人が少ないので、心をわって話をできる友人が作りづらいでしょう。見栄も強く嫉妬心も強いのが玉に傷です。
午(うま) おべっかが上手いため、人脈が作れて金回りも良いでしょう。人に話を合わせるのが得意で、誰とでも仲良くなれます。外見を着飾り見栄を張る傾向にもあります。
未(ひつじ) 相手の立場になって考えることができる広い心の持ち主です。積極性が乏しく臆病な性格の持ち主。礼儀正しく誰にも低姿勢で対応することができます。優柔不断な一面もあります。
申(さる) なんでもそつなくこなすことができるので、仕事で評価されやすいです。ただし策略下でもあり、気に入らない相手がいれば嘘をつくこともあります。
酉(とり) 仕事中毒な一面もあり。観察力が乏しく、優秀です。あれこれと手を出して、中途半端な一面もあります。
優秀ですが、突出した才能を見つけるのが、難しいといえるでしょう。
戌(いぬ) 約束を守る性格で信頼されます。嘘をつけない性格ですが、ぐじぐじと悩んでしまう性格でもあります。
はっきりとものを言えない性格でもあるため、自分ですべてを抱えてしまう傾向にもあります。
亥(い) 常に目標達成のために動く信念のある性格です。1度決めたら後に引かずまっすぐと進む素直さがあります。人付き合いではトラブルになることもあります。

結構ネガティブなことも言い当てるんですね。

占い師

そうそう。ポジティブな面だけんでなく、ネガティブな面も書かれています。人の人生ですので、良いことばかりではありませんよね。

蔵干(ぞうかん)

蔵干は年・月・日・時である4つの柱の十二支と生年月日から判断される十支のことです。

通変星(つうへんせい)

通変星は、性格や能力、人間関係を占うのに必要な指標です。
四柱推命の判断材料の中でもかなり重要視されています。

通変星は、心の内側や精神を表すものですので、蔵干通変星と合わせて判断材料として使います。

蔵干通変星(ぞうかんつうへんせい)

蔵干通変星は、それぞれの柱で意味するものが異なります。

年柱:家柄
月柱:社会でどのくらい活躍できるのかを判断する力量
日柱:人の本質

これまでの多くのデータから蔵干表が作成されているため、かなり的中率が高いでしょう。

通変星と蔵干通変星とかいろいろとごっちゃになるね。

占い師

たしかに分かりづらいですよね。でもその人の運勢を占いうための1つ材料ってだけ知っておけば大丈夫ですよ!

十二運星(じゅうにうんせい)

十二運勢は、運勢の上昇や下降を成長過程として表します。運勢の強弱だけでなく、性格や才能も意味していますので、1つ指標として考えてください。

十二運勢には以下のものがあります。

十二運勢 性格
長生(ちょうせい) 「幼児」や「長男・長女」を表します。頼りにされる性格です。
沐浴(もくよく) 「少年」を意味します。地元に戻らず自由に生きる性格です。
冠帯(かんたい) 「青年」「女王様」を意味します。何でも学ぶ意欲がある派手な環境を好む性格です。
建禄(けんろく) 「壮年」「王子様」の意味を持ちます。コツコツと努力できる性格です。
帝旺(ていおう) 「頭領」「王様」の意味を持ちます。リーダーシップを発揮して他の人の上に立つことができる性格です。
衰(すい) 「老人」を意味します。リスクを減らしながら、行動するタイプの性格です。
病(びょう) 「病人」「音楽・芸術家」を意味します。誰とでも仲良くできる性格です。
死(し) 「死人」「霊感」を意味します。控え目ですが勉強家でいろいろなことを研究する性格です。
墓(ぼ) 「入墓」「墓守」を意味します。冒険せず効率的に生きる性格です。持って生まれた運があるため、人財産を築くことも。
絶(ぜつ) 「あの世」を意味します。何事も続かず、日常生活でも約束を守ることができません。芸能の才能がある性格です。
胎(たい) 「胎児」「お天気屋」を意味します。さまざまな面で才能を発揮できる能力があります。自身の理想のためなら、行動をすることをいとわない性格です。
養(よう) 「赤子」「養子」を意味します。人懐っこく誰からも愛される性格です。

他の基準を判断しながら、十二運勢を活用する必要があります。

全体的な運勢の1つの指標なんだね。

占い師

そうそう。十二運勢だけでは判断できないので、他のことも見ながら運勢を判断しているんですね。

天中殺(てんちゅうさつ)

天中殺は、日柱の干支(かんし)の中にある12年に1度の避けられない2年間で、空亡(くうぼう)と呼ばれます。

空亡は予防策をとっても災難やトラブルに遭遇することが多く、変化を起こすとたいてい悪い結果につながってしまいます。

空亡の前年も災いに見舞われやすく、不運なことが多く起こりやすいです。天中殺の時期を避けて行動することで、運勢を下げるリスクを減らせます。

空亡の過ごし方は、他の年の運勢にもあたるため、気を付けて行動するとよいでしょう。

怖い時期ですねぇ~。

占い師

そうですね。でも空亡の時期は変化を起こさずに過ごせば、それほど悪い時期ではありません。時期に合わせた行動の仕方が重要なんですね。

運勢エネルギー

運勢エネルギーは、十二運星(じゅうにうんせい)を数値化したものです。

数値が高いほど、運勢エネルギーが高いと言えます。

数値は、才能や運勢、能力を表現しており、高いとそれだけ能力が高いことを表しています。

いやぁ~。たくさんあるんだね。これだけ細かく分けられていたら確かに当たりそうだね。

占い師

そうそう。でもこれを自分で占う必要はないからね。やっぱり信頼できる占い師に占ってもらうのが一番早いと思うよ。

四柱推命をするなら電話占いがおすすめな3つの理由とは?

四柱推命の分類について紹介しました。

もし四柱推命で占ってもらうなら電話占いがおすすめです。

電話占いは自宅でプロの鑑定士に見てもらえるサービスです。

なぜ電話占いがおすすめなのか?

以下の3つの理由があるからです。

1. メディアに出演している有名な占い師がいる
2. 占い師の評判を見れる
3. 料金が分かりやすい

一つひとつ紹介します。

メディアに出演している有名な占い師がいる

h話占いのサイトを見ると、メディアに出演している有名な占い師を見かけます。

メディアに露出しているため、信頼度や安心感がありますよね。

評判が良い占い師でないと、そもそもメディアに出演することもできません。

「占ってもらって何も分からなかった…」ということは比較的少ないでしょう。

安心して四柱推命で占ってもらい方は、電話占いのサイトをチェックしてみてください。

占い師の評判を見れる

占い師を選ぶうえでとても重要なのが、評判を確認することです。

評判には実際に利用した人の生の声が書かれていますので、あなたに合っているかどうかが分かりますよ。

電話占いのサイトでは、1人1人の占い師に口コミや評判が書かれています。

占い師を選ぶときの参考にしてみてください。

料金が分かりやすい

電話占いでは、通話料と鑑定料で料金が決まります。

鑑定料は各占い師ごとに料金が変わりますので、利用する前に確認をしましょう。

また通話料はサイトごとに無料と有料の場合があります。

サイトごとに記載をされているので、確認しておくとよいでしょう。

電話占いに関しては、こちらでも紹介していますので、ぜひチェックしてみて下さい。

<リンク>

四柱推命を利用するならおすすめ!3つの電話占いサイトとは?

「四柱推命で電話占いがおすすめと言われたけど、どこのサイトが良いの?」

確かにそうですね。電話占いは、100以上もあるためどこを選べばよいのか悩んでしまいますよね。

そこでここでは、四柱推命を利用するならおすすめの電話占いを紹介します。

1. ピュアリ
2. ウィル
3. フィール

ピュアリ

ピュアリは占い師が180名以上もいるため、あなたに合った人を探すことができます。

四柱推命の得意な占い師も多く在籍していますので、ぜひ参考にしてみてください!

また初回は10分無料で利用できますので、相性をしっかりと合わせるのもよいでしょう。

ウィル

ウィルは四柱推命で評判の良いキャリーさんが在籍する電話占いサイトです。

予約は多いですが初回利用の優先予約を利用すれば、早めに相談できます。

ウィルはメディアに露出している占い師も多く信頼できるサイトの1つです。

気になる人はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

フィール

電話占いフィールでは、四柱推命が得意な占い師が5名います。

どの占い師も口コミが多く評判がよいです。

採用率5%と狭き門を潜り抜けた占い師のため実力はお墨付きですね。

四柱推命について

これまで四柱推命について紹介しました。
四柱推命は、以下の4つの柱で構成されています。

年柱(ねんちゅう)
月柱(げっちゅう)
日柱(にっちゅう)
時柱(じちゅう)

年柱・月柱・日柱にはそれぞれ60種類の干支があるため、より細かく占いをすることができます。

さらに四柱推命には8つの分類があります。

干支(かんし)
十干(じゅっかん)
十二支(じゅうにし)
蔵干(ぞうかん)
通変星(つうへんせい)
蔵干通変星(ぞうかんつうへんせい)
十二運星(じゅうにうんせい)
天中殺(てんちゅうさつ)
運勢エネルギー

また四柱推命をするなら、以下の3つの理由から電話占いがおすすめですよ。

ピュアリ
ウィル
フィール

ぜひ今回紹介した内容を参考に、四柱推命で占いをしていただいてはいかがでしょうか。