占術

タロットより当たる?!ルーン占いの意味や生かし方を紹介

ルーン占いは、選んだルーンストーンから運勢を読み解く北欧発祥の占術です。
占い好きの間では、「タロットよりも当たる」と言われていますが、ルーン占いが具体的にどんな占いなのかよくわからない人も多いですよね。
そこで今回は、占い初心者さんにも理解しやすいようにルーン占いの基本的な特徴についてご紹介して行きたいと思います。
ルーン占いの文字の意味が気になる人や、鑑定結果の上手な生かし方を知りたい人は、是非参考にしてみてください。

ルーン占いとは?

ルーン占いとは、北欧に伝わる「ルーン文字」を使った卜術の一種です。
どんな風に占いをするのか、まずはルーン占いの基本的な占い方を確認していきましょう。

ルーンはどんな占い?

ルーン占いとは、石や木片に刻まれた「ルーン文字」から、吉凶を読み取る占いです。
もともと「ルーン」という言葉は、ゴート語で「秘密」や「神秘」という意味で、古代ゲルマン人によって、日常生活から呪術まで幅広く用いられていました。
北欧神話では、ルーン文字を最初に手に入れたのは主神「オーディン」と言われており、ルーン占いで出た結果は「神託」とされています。

ルーン占いのやり方

ルーン占いでは、25個の「ルーンストーン」を使用するのが一般的です。
25個のルーンストーンの内、24個はルーン文字が刻まれ、「ウィルド」と呼ばれる1個だけは何も書かれていません。
占い師によって、ルーンストーンではなく「ルーンカード」を使う場合もあります。
そして、ルーンストーンには、「ドローイング」と「キャスティング」の2種類のやり方があるのが特徴です。

ドローイング

ドローイングとは、ルーンストーンをシャッフルしてから引く方法。
ドローイングにも色々な種類がありますが、YESとNOで答えを出したい時には「ワンオラクル」が最適です。
ワンオラクルは、ルーンストーンを「1回」だけ引く方法で、ルーンストーンを「2回」引く場合はツーオラクルと呼ばれます。

ツーオラクルになると、ワンオラクルとはどこが違うの?

占い師

ワンオラクルは、1つ目のルーンストーンで「結果」が出るのに対し、ツーオラクルでは、1つ目のルーンストーンで「結果」、2つ目のルーンストーンから「対策方法」を占うことができます。そのため、ツーオラクルは、具体的なアドバイスが欲しい時におすすめ。

ワンオラクルの場合、占い方はとても簡単で、ルーンストーンを専用の布袋の中に入れた後、質問内容を頭の中で思い浮かべながら、シャッフルします。
次に、ルーンストーンを直感で一つだけ選んだら、上下に気をつけて、ゆっくり袋から取り出します。
この時、上下の位置が変わってしまうと、鑑定結果も大きく変わってしまうため、一度ルーンストーンを決めたら、反転させないように気をつけましょう。
そして、ルーンストーンが「正位置」か「逆位置」かになっているのを確認したら、ルーン文字がそれぞれ持つ意味から質問に対する答えを読み解きます。

キャスティング

ルーン占いでは、ドローイングの他に、ルーンストーンを投げて占う「キャスティング」という方法もあります。
キャスティングをするには、「キャスティングシート」を敷くのが特徴。
キャスティングシートには、投げたルーンストーンを傷つけないようにしたり、占いに使用するルーンストーンを厳選する重要な役割があります。

占い師

キャスティングシートからはみ出した石、裏返しになった石は、基本的に占いでは使用しません。

キャスティングのやり方は、まずは平らな場所にキャスティングシートを広げます。
次に、ドローイングの時と同じく、ルーンストーンは専用の布袋に入れて、質問内容を頭の中で浮かべながら、シャッフルをします。
その後、袋から取り出したルーンストーンを両手に取り出し、キャスティングシートに向けて放り投げます。
裏返った石は取り除き、キャスティングシート内に残ったルーンストーンを対象に結果をみていきます。
リーディングでは、キャスティングシートを悩み事に応じて「三分割」「四分割」「十二分割」などに分けて占います。

「三分割」とか「四分割」って?

占い師

「1:過去2:現在3:未来」のように、3つの項目に分けて占うのが三分割。「1:自分の気持ち2:相手の気持ち3:二人の相性4:対策」のように、4つの項目に分けて占うのが四分割。十二分割にすれば「1年のそれぞれの月の運勢」を見ることも可能です。

ルーン占いがタロットより当たると言われる理由は?

よくルーン占いがタロットよりも当たると言われるのには理由があります。
タロットカードは、絵柄が鮮やかで初心者でもカードの意味を読み取りやすいですが、ルーンストーンは、見慣れない文字が1つだけしか刻まれていないため、初心者には理解しにくいという特徴があります。
つまり、ルーン占いは上級者向けの占術で、タロットよりも道具から得られる情報が少ないため、直観力に優れた優秀な占い師しか鑑定が出来ないのです。
そのため、ルーンにはインスピレーションが強い占い師が集まりやすく、依頼者の中には、タロットよりもルーン占いの方が「当たる」「鋭い」と感じる人がいるのだと考えられます。

ルーン占いで使用される文字の意味

ルーン占いで使用される文字は、何も文字が書かれていない「ウィルド」を含めて25文字あり、それぞれ以下のような意味があります。

ルーン文字 意味
ウィルド 運命(※逆位置なし)
フェオ 家畜・富
ウル 本能
ソーン 棘
アンスール 神・知識
ラド 物事がスムーズに進む・旅行
ケン 炎・情熱
ギューフ 愛・贈り物(※逆位置なし)
ウィン 喜び
ハガル ひょう・アクシデント(※逆位置なし)
ニイド 試練・不足
イス 氷・停滞(※逆位置なし)
ヤラ 収穫(※逆位置なし)
ユル イチイの木・死・復活(※逆位置なし)
ペイオース 幸運
エオロー ヘラジカ・防御
シゲル 太陽・栄光(※逆位置なし)
ティール 軍神・テュール神
ベオーク 白樺
エオー 馬・急速な展開
マン 人間・人間関係
ラーグ 水・揺れ動く心情
イング 豊穣・多産・イング神(※逆位置なし)
オセル 先祖・土地・伝統
ダエグ 1日(※逆位置なし)

ルーン占いも、タロットのように、「正位置」「逆位置」がありますが、「一部のルーンストーンには逆位置がないと考えるケース」や「逆位置を考えないで占うケース」もあるので、占い師によって鑑定方法が大きく異なります。

占い師

ルーン文字の意味は、北欧文化や神話の神様と結び付けられているのが特徴です。

ルーン占いが当たる&当たらないケースとは?

ルーン占いはどんな質問でも、ズバズバと当たるわけではありません。
得意なジャンルもあれば、当然苦手なジャンルもあります。
ルーン占いはどんな質問と相性が良いのか、鑑定を依頼する前にチェックしておきましょう。

ルーンは「相手の気持ち」を占うのが得意

ト術に分類されるルーン占いは、「相手の気持ち」や「人間の潜在意識」をみるのに適しています。
移り変わりやすい事象や近未来を占うのを得意なので、相手の気持ちがわからず不安になってしまった時や、気持ちのすれ違いから喧嘩をしてしまった時など、状況改善のアドバイスを受けるのにおすすめです。
ルーン占いでは、相手が今どのようなことを感じているのか、過去から未来へかけてどのように運勢が変わっていく流れをみることができるので、アドバイスに従い、タイミングを逃さず行動していくことで、現在の悩みを解決することができます。

占い師

ルーン占いの結果は、あくまで参考なので、もしもアドバイス通り行動しても、上手くいかない場合は、別の占い師にセカンドオピニオンを求めてみましょう。

ルーンは「長期的な運勢」を占うのが苦手

ルーン占いは、短期間の運勢を占うことはできますが、「一生に関わる長期的な運勢」や「宿命」をみるのは苦手です。
例えば、過去・現在・未来にかけての恋人との関係や気持ちについてはルーン占いでも対応できますが、「二人の生まれ持った宿命」については占うことができません。
二人の宿命を見てほしい場合は、四柱推命や西洋占星術などの「命術」の方が向いています。
そのため、ルーン占いは、質問内容によっては、優秀なルーン占い師であっても、十分に力を発揮することができなくなってしまうため、悩み事と占術の相性をよく考えないといけません。

恋も仕事も上手く行く?!ルーン占いの生かし方

ルーン占いの「相手の気持ち」を知ることができるという強みは、実は「人間関係」で悩んでいる人にこそ、大きな力を発揮します。
どのようにルーン占いの結果を生かすと効果的か?
恋にも仕事にも役立つルーン占いの生かし方をご紹介します。

ルーン占いで「人間関係」を改善・修復できる

人間の潜在意識を見抜くことに優れたルーン占いは、相手の気持ちを知ることができるため、「人間関係の改善や修復」をしたい時に役立ちます。
老若男女問わず、「人間関係」というのは、誰しもが抱えやすい悩みです。
仕事・恋愛・友人・親子など、気持ちがすれ違うケースは多々あります。
「自分は仲良くしたいのに、相手から避けられているのはなぜ?」
「苦手な上司とも上手くやっていく方法はないのか?」
「最近恋人の態度が素っ気ないけど、心変わりしたの?」
そんな人間関係の悩みに良いアドバイスを与えられるのがルーン占いの良い点です。

占い師

ルーンストーンで占うことで、あなたが気付かなかった相手の気持ちを知る手掛かりになります。

人間は、自分の気持ちをいつも素直に伝える人ばかりではありません。
時には相手に気を遣い、本音を言えないこともあります。
そうした相手の本音に気付かず、二人の関係を悪化させてしまうケースは少なくありません。
また、人間はそれぞれ「個性」や「価値観」が違うため、正反対の者同士が巡り合ってしまった場合、相性の悪さから毛嫌いしたり、敬遠することもよくあります。
何か衝突したわけでもないのに、相手から毛嫌いされてしまうのは、やはり辛いもの。
できるなら、少しでもお互いに気持ち良く過ごせる関係でいたいですよね。

占い師

特に、職場に苦手な人がいる場合、自分か相手が転職をするまで一生同じ環境で働き続けることになるので、悩みも深刻になりがちです。

まだまだ心に余裕がある時に、ルーン占いで相手の気持ちを知り、相手の心情に沿った行動を起こしていけば、今の行き詰まった状態を打開できる可能性が十分にあります。
あなたから積極的に「仲良くなりたい」という気持ちを示していけば、心を固く閉ざした相手も、少しずつあなたに対して心を開いていくかもしれません。
そのためには、「正しいアプローチ」をするのが非常に重要です。
独りよがりな間違ったアプローチでは、より相手を怒らせてしまったり、不快にさせてしまうだけ。
その点、ルーン占いは、相手の心情も考慮した「第三者による冷静なアドバイス」が貰えるので、仲良くしたい相手にあなたの気持ちを正しく伝えることができます。
人間関係の悩みは、人に打ち明けた方が楽になれますが、実際には「体裁」を気にしたり、噂が広まることを懸念して、なかなか相談できない人も多いもの。
そんな時は、自分の悩みを打ち明ける相手として占い師も候補に入れてみましょう。

ルーン占いがよく当たる鑑定士を選ぶコツ

ルーン占いをしてもらう時には、自分で鑑定士を選ぶ必要があります。
でも、初心者の場合は、どんな鑑定士を選んだらいいのか、迷ってしまいますよね。
最後に、ルーン占いがよく当たる鑑定士を選ぶコツを覚えておきましょう。

【1】インスピレーションに優れている

ルーン占いがよく当たる鑑定士を探すことは、実はすごく難しいこと。
なぜなら、同じト術のタロット占いと比べて、ルーン占いに対応できる鑑定士の数はずっと少ないからです。
タロットは色やデザインが豊富で、マニュアルを読みながら素人でも趣味で挑戦でき、難易度がそれほど高くない占術です。
一方、象形文字しか書かれていないシンプルなルーン占いは、何年もかけてしっかり占いの知識を身につけたプロでなければ、ちゃんとした結果を読み解くことができない難易度の高い占術です。
精確な鑑定を行うためには、ルーン文字をただマニュアルに当てはめて判断するだけではなく、本当のプロは「ルーンの神託」を受ける者として、鋭いインスピレーションを求められます。

占い師

インスピレーションとは、「直感」や「霊感」のことです。

ルーン占いは、ルーン文字からの情報の少なさを、インスピレーションや経験で補い、問題を解決へ導く必要があります。
そのため、ルーン占いで当たる鑑定士を探す場合は、「インスピレーション」に評判のある人を選ぶことが重要です。

【2】経験や実績が豊富

これまで、ルーン占いは相手の気持ちをみることが得意で、人間関係の改善や修復に役立つ占術だとご紹介してきました。
しかし、人間関係の改善・修復へ適切なアドバイスをするには、「それ相応の経験」が必要になります。
経験が浅い鑑定士の場合、ルーン占いによって、相手の気持ちを占うことはできても、難しい状況をひっくり返すほどの的確なアドバイスまでは上手く対処できません。
そこがルーン占いの鑑定士の質を分ける大きな違いです。
また、実力のない鑑定士ほど、「主観」を混ぜてしまいがちですが、経験や実績が豊富な人ほど、主観を混ぜない公平な鑑定をするのも特徴。
時にそれが「冷たい」「こっちの心情に寄り添ってくれない!」と不満に感じる人もいますが、自分にとって聞きやすい意見ばかりを聞いても問題は解決しません。
例え、あなたにとって望んだような結果じゃなかったとしても、「真実」や「現実」を見つめるきっかけを与えてくれる鑑定士の方が、本当の意味で、あなたの今後のためになります。

占い師

占い師に相談をしに来る人は、既に心に傷を負い、厳しい意見を避けたがる人も多いですが、本当に役立つ意見は、「厳しいアドバイス」の中にある場合もあるので、一度出た鑑定結果はしっかり受け止めましょう。

鑑定士が依頼人の心情に寄り添うことも大事ですが、ただ依頼人の顔色を伺って何でもかんでも迎合するような鑑定士ではダメ。
あなたの気持ちを理解しながらも、時には厳しい意見も織り交ぜながら、冷静に占ってくれる鑑定士を探しましょう。

ルーン占いで相手の気持ちを知りコミュニケーションに生かそう

ルーン占いは、相手の気持ちを理解し、コミュニケーションをスムーズにするのに役立ちます。
学校や会社など、人間関係で悩んでいる人にピッタリの占術です。
相手がどう思っているかわかることで、具体的な対策を考え、上手く対処していくことが可能。
人間関係がスムーズになれば、それだけストレスも軽減し、本業に集中して打ちこむことができます。
「もうこれ以上、人間関係で悩みたくない!」
「相手と本気で関係を改善したい!」
そんな悩みを抱えている人は、一度ルーン占いに挑戦してみることをおすすめします。