占術

2021年気になる占い奇門遁甲(きもんとんこう)について徹底解説!

あなたは、奇門遁甲(きもんとんこう)という占いを知っていますか?
なんとなく聞いたことがある、難しい占い、風水のような占い、四柱推命に似ている、中国の占いなどいろいろなイメージがあるかと思います。
この記事では奇門遁甲(きもんとんこう)について、読むだけで簡単にマスターできる記事なのでぜひ最後まで読んでもらえると幸いです。

簡単解説!奇門遁甲(きもんとんこう)のヒストリー

奇門遁甲(きもんとんこう)とは、古代中国で生まれた究極の方位術です。
中国の紀元前2500年頃の黄帝の時代にすでに、奇門遁甲(きもんとんこう)が使われていたと言われています。
奇門遁甲(きもんとんこう)の最盛期は、中国の宋の時代から清の時代です。
日本では、日本書記の記録によると602年に百済の僧観勒が遁甲、天文、暦書を伝来したという記述が残っています。
しかし、民間ではすでにこの日本書紀の記述以前に奇門遁甲(きもんとんこう)が伝わっていたという考え方が強いです。
一方で隋の時代の文帝の時に軍事、行政上の側面から奇門遁甲(きもんとんこう)は発禁した歴史があります。
日本でも養老令(制定718年、施行757年)でも一時禁止した歴史があります。
奇門遁甲(きもんとんこう)は、中国で栄え日本に古くから伝わり長い間使用された占いです。その一方で一時は発禁された占いです。
また、奇門遁甲(きもんとんこう)は、三式の一つです。三式は、太乙式、遁甲式、六壬式があります。太乙式は天の時をえる、遁甲式は地の利をえる、六壬式は、人の和を数えるための占いです。

占い師

奇門遁甲(きもんとんこう)とは、非常に長い歴史があります。また、奇門遁甲(きもんとんこう)は発禁された歴史もある占いです。しかし、四柱推命や風水ほどポピュラーな占いではないです。

奇門遁甲(きもんとんこう)を私は初めて知りました。こんなに長い歴史があるのですね。

兵法として使われていた奇門遁甲(きもんとんこう)!

奇門遁甲(きもんとんこう)とは、方位術であり、開運へと導く占い方法ですが、実は、兵法としての側面があります。古来中国でも、戦争の際に奇門遁甲(きもんとんこう)が用いられた歴史があります。
日本では、戦国時代に日本に合うように変更された奇門遁甲(きもんとんこう)が生み出されました。
軍配者により使用されています。
また、軍が出撃する時は、どちらの方位がよいか、軍の陣の設営の向きなどについて、奇門遁甲(きもんとんこう)が使用されてきました。

占い師

日本でも戦国時代に奇門遁甲(きもんとんこう)はかなり使われいました。

奇門遁甲(きもんとんこう)は、いろいろな側面がありますね。

簡単解説!!開運術の奇門遁甲(きもんとんこう)

奇門遁甲(きもんとんこう)は、開運術であり究極の方位術ですが、一体どのような時に用いられるのでしょうか。それは、よく奇門遁甲(きもんとんこう)が使われるのは、引っ越しをする時、結婚をする時、就職する時、事業を成功させる時、旅行、宝くじなどのギャンブルなどに使われることが多いです。
これらの目的に合わせた盤を使用して、吉凶方位を見つけます。
奇門遁甲(きもんとんこう)を占う上で必ず使用するアイテムがあります。それは、遁甲盤です。しかし、現代では、遁甲盤を使わずネットで占う方法もあります。
奇門遁甲(きもんとんこう)は、未来を占う、予想をする占いです。

奇門遁甲(きもんとんこう)は4つで構成されています!

奇門遁甲(きもんとんこう)ポイント①天干と地干

奇門遁甲(きもんとんこう)は、天干と地干があります。
十干は、甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸を文字で表します。
乙丙丁の三奇と戊己庚辛壬癸の六儀から構成されます。
時刻によって六儀の一つが甲尊に変わります。
天干と地干の間には吉凶関係があります。

ポイント②奇門遁甲(きもんとんこう)には八門があります!

奇門遁甲(きもんとんこう)について覚えてもらいたいのが、奇門遁甲(きもんとんこう)には八門が存在します。
この八門は、開門、休門、生門、傷門、杜門、景門、死門、驚門です。
これら八門から、吉凶を占います。
吉とされる門は、開門、休門、生門の3つです。なんとなく漢字のイメージで吉門だと想像できますよね。

占い師

八門は必ず覚えておくと役に立ちます。プラスして、吉門の3つの門、開門、休門、生門も押さえておきましょう。

はい。わかりました。

奇門遁甲(きもんとんこう)ポイント③ 九星

奇門遁甲(きもんとんこう)では、通常の占いに使わせている九星とは違う性質です。
奇門遁甲(きもんとんこう)は、天蓬、天芮、天冲、天輔、天禽、天心、天柱、天任、天英の九星です。
どれも天がついていますね。
別名は、九天星や天蓬九星と言われています。

占い師

奇門遁甲(きもんとんこう)の九星は覚えておくと役に立ちます。

覚えることが結構ありますが、後で役に立つため、頑張って覚えたいと思います。

奇門遁甲(きもんとんこう)ポイント④八神

奇門遁甲(きもんとんこう)の八神は、天符、騰蛇、太陰、六合、勾陳、朱雀、九地、九天です。
勾陳は、玄武が使用されることがあります。また、朱雀のかわりに白虎が使用されます。

奇門遁甲(きもんとんこう)は、これら4種を天盤や地盤に、八門、八神、九星などを活盤の配置で8つの宮に置きます。
この、作版が奇門遁甲(きもんとんこう)は難しいと言われています。

基本は奇門遁甲(きもんとんこう)は、八門をベースに占います。

奇門遁甲(きもんとんこう)は、先程述べた八門を、東西南北、北東、南東、南西、北西の八つの方位に置いて、八門の方位を引っ越しや結婚や、就職、受験などの目的から選び占います。
奇門遁甲(きもんとんこう)を使うには、遁甲盤がの作成が大切です。この遁甲盤は、いろいろな種類や方法があり、この種類や方法が奇門遁甲(きもんとんこう)の難しい点です。
遁甲盤は、どういうものかと言うと回転する盤です。
さらに、遁甲盤には、大きく分けると4つあります。それは、時盤、日盤、月盤、年盤です。遁甲盤のポピュラーなものは、時盤、日盤の2つです。
日盤は、1日の吉方位がわかります。日帰り旅行や、1泊の旅行に使われます。効果は、1〜2週間後に効果が出ることが多いです。
時盤は、2時間ごとに変わり、吉が出やすいです。日盤と比較すると効果は劣ります。
しかし、メリットとしては、効果がでるのが早いです。その日に効果がでることもあります。

占い師

時盤、日盤の2つは奇門遁甲(きもんとんこう)の大切な用語なので覚えておきましょう。

奇門遁甲(きもんとんこう)にはまりすぎたらどうなった?男性の実話!!

奇門遁甲(きもんとんこう)は、方位から吉記を占い開運へ導く素晴らしい占いです。
しかし、奇門遁甲(きもんとんこう)にはまりすぎてしまった人の末路についてお伝えします。
奇門遁甲(きもんとんこう)にハマりすぎた都内勤務の男性の実話です。
この男性は、もともと占いが大好きでした。奇門遁甲(きもんとんこう)にはまってしまったきっかけは友達が、奇門遁甲(きもんとんこう)で幸運を手にしたのを間近で見てからです。
奇門遁甲(きもんとんこう)の占い師さんのところに通って、会社内の昇進を占いました。
すると、インドネシアに行くと良いと占い結果がでました。
この男性は、インドネシアに旅行に行くために急遽会社お休みしました。しかし、その時社内で大切なプロジェクトがあったのにも関わらず放り投げてインドネシアに旅行にいったのでした。
帰国後、この男性は社内正直を夢見ていたもの、なんと待っていたのは、異動です。
異動先では、以前のように思うように自分のやりたい仕事ができず、もやもやとした毎日を送っていました。
そこで、男性は奇門遁甲(きもんとんこう)をもう一度使って占ってみることにしました。
すると、今の職場の方位から毎日水に浸かると良いと言われました。男性は、たらいを用意し、足だけ水を浴びることを毎日行いました。すると、幸運が訪れるどころか、社内でのたらいを使用した水浴びが有名になってしまいました。
この男性は結果、仕事の昇進どころか、社内での自分の評価も落とす結果になってしまいました。

占い師

奇門遁甲(きもんとんこう)にはまりすぎて、優先順位を間違えてしまうと良い結果が導きだせないという実例です。
常識の範囲内で奇門遁甲(きもんとんこう)をうまく活用してみてください。

日常生活で、何が優先すべきことか順番をつけた上で、奇門遁甲(きもんとんこう)の占い結果に基づいた行動を取ると良いのですね。

奇門遁甲(きもんとんこう)の効果は絶大!

奇門遁甲(きもんとんこう)は、効果が絶大とされている占いです。
また、正しく奇門遁甲(きもんとんこう)を使用すれば、自分の持っている宿命や運命以上の効果を出すことも可能だと考えられています。
しかし、1つ注意点があります。それは、奇門遁甲(きもんとんこう)を使いすぎると、ある一定のところで効果が全く出なくなるというデメリットがあります。
また、奇門遁甲(きもんとんこう)は、もし間違えて使用してしまった場合、とても危ないです。
ですから、奇門遁甲(きもんとんこう)を正しく学んだ信頼できる占い師さんを選びアドバイスを受けてください。
また、奇門遁甲(きもんとんこう)は目的地が遠いほど効果が絶大です。
例えば、大阪から福岡よりも大阪から台湾の方が距離が長いため、効果が高いです。
また、奇門遁甲(きもんとんこう)の考え方として、目的地に早く着けば着くほど効果が絶大です。例えば、電車の中でも新幹線は効果が高いです。さらに、飛行機の方が効果が高いです。

2021年は、奇門遁甲(きもんとんこう)を使って宝くじを買ってみよう!

奇門遁甲(きもんとんこう)を使って宝くじを買うことで宝くじが当たる可能性が高くなるのでぜひ活用してみてください。
この場合、日盤を使うと良いです。
また、宝くじに当選するために日常的に奇門遁甲(きもんとんこう)を取り入れるのが大切です。
遁甲盤の「丙奇」が重要です。また、八門では金運アップの生門と開門の2つの門が大事です。八神では天符と九天が重要です。
奇門遁甲(きもんとんこう)を取り入れて金運を上げて自分の受け皿が最大限になったら次に宝くじを買います。
宝くじの購入前に、日盤を使って日帰りや1白程度の旅行をすると良いです。
神社などでお参りをすると、祈祷などを受てパワーを強めることができます。
より、高確率で宝くじの当選を願いたい場合は、奇門遁甲(きもんとんこう)の占い師に相談すると良いです。
また、方位の活用の方法は、自宅をベースに考えて、吉方位にある売り場に直接買いに行く手段があります。
さらに、自宅から凶の方位は避けて、吉方位へ行き数時間過ごした後に帰りに宝くじを買う方法があります。
ぜひ活用して2021年は宝くじの当選をしましょう。
ただし、宝くじの当選に絶対はないため、自分のできる範囲の賭け金で宝くじをすることをおすすめします。
また、奇門遁甲(きもんとんこう)を行い、宝くじが当選した場合、次回に活用するためにも、どのような行動パターンをしたかメモや日記に書き留めておくと良いです。

占い師

奇門遁甲(きもんとんこう)を使って宝くじを当てたい、当選したという人はかなりいます。しかし、当たり続けてしまうと、ある一定のところで全く宝くじに当たらなくなっとしまいますね。運を使いすぎたのでしょう。

奇門遁甲(きもんとんこう)が宝くじ当選に使われているとは、身近に感じます。運を使い果たすとは、そんなことって実際にあるのですね。

奇門遁甲(きもんとんこう)を学びたい!

奇門遁甲(きもんとんこう)を学ぶには、本で独学で学んだり、通信講座で学方法もあります。
また、奇門遁甲(きもんとんこう)のスクールもありますので、信頼できるところで奇門遁甲(きもんとんこう)を学ぶと良いです。
奇門遁甲(きもんとんこう)の気になる通信講座やスクールはまず資料を取り寄せて検討してみることをおすすめします。

占い師

奇門遁甲(きもんとんこう)をまず勉強したいと思ったら初級者向けの本もおすすめです。

ぜひ奇門遁甲(きもんとんこう)の本を読むことからはじめてみたいです。

奇門遁甲(きもんとんこう)は、2021年にぜひ活用していただきたい占いです。
奇門遁甲(きもんとんこう)の歴史は古く古来中国から発祥して、紀元前2500年頃にはすでに奇門遁甲(きもんとんこう)が活用されていました。
日本では日本書紀の月から602年には、中国から伝来されていました。
奇門遁甲(きもんとんこう)は、中国や日本で発禁された歴史もあります。
また、奇門遁甲(きもんとんこう)は、兵法として使われていた側面もあります。
例えば軍配者が使っていました。群が出現するときはどちらの方が良いかを占う方法として使用され、日本でも戦国時代奇門遁甲(きもんとんこう)が戦に活用されていました。
しかし、奇門遁甲(きもんとんこう)は、現在では開運術として親しまれています。
奇門遁甲(きもんとんこう)は、方位術です。
現在の活用方法は、引っ越しをする時、結婚する時、就職する時、事業を成功させる時、旅行などに用いられることが多いです。
また、ネットやアプリを使って奇門遁甲(きもんとんこう)を簡単に役立てることもできます。
奇門遁甲(きもんとんこう)は、主に4つから構成されています。
1つ目は天干と地干です。2つ目は八門があります。3つ目は九星です。4つ目は、八神です。これらを天盤や地盤に作盤して、方位やの吉凶を占います。
日盤と時盤が奇門遁甲(きもんとんこう)では主に活用されます。
日盤は、1日の吉方位がわかります。効果は、1〜2週間後に効果が出ます。
時盤は、2時間ごとに変わり、吉が出やすいです。効果がでるのが早いため、その日に効果がでることもあります。
奇門遁甲(きもんとんこう)の効果は絶大ですが、奇門遁甲(きもんとんこう)にハマりすぎて、常識外の行動を取ったり、大切な仕事や用事を優先せず、奇門遁甲(きもんとんこう)を優先した場合は、思うような効果が出ないという実話もあります。
奇門遁甲(きもんとんこう)を取り入れる事は大変良いことですが、何が1番大切なのかを優先して、奇門遁甲(きもんとんこう)を上手に活用することが重要です。
奇門遁甲(きもんとんこう)を使って宝くじを当てる方法もあります。しかし、奇門遁甲(きもんとんこう)は占いなので絶対宝くじが当選するという確証はないため、自分の予算の範囲で楽しみながら奇門遁甲(きもんとんこう)を使って宝くじを買うと良いでしょう。
奇門遁甲(きもんとんこう)を上手に活用して、2021年のあなたの運勢を上昇してみると大変良いです。