Pocket

霊媒師という存在がいます。これは心霊的なものを払ったりする人の事です。
整体師は骨などのずれを直し、体本来の状態に戻してくれる人です。
そして、この二つを合体させたハイブリッド、霊体師という存在がいるのです。
ここでは実際に筆者が施術を受け的体験レポートも合わせて書かせていただきます。

霊体師との出会い

筆者が霊体師と出会ったのは正しく口コミでした。
口コミで「腕のいい整体師がいる」と聞き、交通事故の後遺症で頭痛に悩んでいたこともあり、車で1時間の距離ならいけるかな?と場所をきき向かうことにしました。

場所はY県の山際の過疎地、知らなければ絶対にたどり着けない場所になります。
事実、筆者も注意深く場所の目印を見ながら進んでいたのですが、それくらいに意識しなければ到着することはできず、駐車場にも手書きで注意書きがある程度であり、知らない人や興味のない人には通りすぎてしかるべき場所と言ってもいいでしょう。

ローカル線の電車を利用しなければたどり着けないような山間部ですが、口コミの力はすごく筆者の訪問した日もほぼ受け付けは満員状態でした。

住所も電話番後も載せない

筆者も口コミで番号を聞いたのですが、現在この霊体師の先生は住所も電話番号も非公開にしています。
霊体師は非常に特殊な存在であり、一般的には信用できない人や心無い人なども訪問してしまうこと、また同時に「見えすぎるからこそ起きるトラブル」などもあり、先生も患者も安全に過ごすためにそのようになっており、現在は検索などでも出てこない状態です。
住所も電話番後も載せない

霊体師ってどんなものなの?

霊媒師、整体師、この二つの行為を同時にできることから先生が作った造語が霊体師になります。
これは先生の言葉を借りれば「体の不調なら整体で治せる。だが。そうじゃない原因もあるんだ。俺ならどっちでも治せるからな」ということになります。
不調の原因が体調的な物や骨格のゆがみ、筆者の様な交通事故の後遺症などで先生の元を訪問するものもいれば、病院や医師に原因不明だと言われどうにもならなくて最後の最後に口コミを聞き、先生の元にたどり着いてきた人も少なくはありません。

顧客は県内外、はては国外まで

先生の治療を受けるために近隣の人はもちろんですが近県、東京都内、さらにはシアトルやアラブから休みを利用してくる患者もおり、その支持は世界規模といってもいいほどです。
整体の腕の良さはもちろんですが先生は霊的な物や原因不明の物であっても治せるということにすがってくることから、本業をおやめになって霊体師として活動することになった、というほどです。

きっかけは、狐の来訪

先生は元々違うお仕事をされていました。
仕事中に近くの神社にいる狐がやってきて先生にあれこれ話しかけ、仕事にならなくなったことがきっかけだったそうです。
それから先生は狐としっかりと対面することになり、狐憑きと言われる存在になりました。
先生に対面するとわかりますが風貌もどことなく狐特有の鋭さがあり、未来視と予知もできる方です。
年に一度は伏見稲荷まで顔を出しに行くことや、先生にちょっかいをかけてきた狐のいる稲荷神社は狛犬ではなく「狛狐」を先生が寄贈しています。
ちなみにこの狛狐、最初に先生が設置したころよりも先生の狐に似てきたらしく、表情がだいぶ変化していました。(写真を見せていただきました)

狐憑きというと、オーメン的なものを想像する人も多いかもしれませんが実際には先生の様に狐を憑依させて払うという種族います。
悪霊憑きのような狐憑きもいますが、先生は憑いている狐の力をより増幅させる修業も軽く積まれ、いわゆる「野生のプロ」としての活動を行っている状態です。

霊視、透視もできる

先生は特殊体質であり、相性しだいになりますが患者の誰がこちらに向かってるか、何処に今立ち寄っているかなどの透視もできます。
また、患者にとりついているものなどを見る霊視もでき、的確によくないものを直接触れることで外していくことができます。
そうなんです。この直接触れる。憑りついている箇所から直接波がし、その部分に出ていた悪影響を整体で緩和させていくことができる。
それが先生の使う霊体師になります。
霊視、透視もできる

実際の施術をうけるまで

実際の施術をうける際にはまず当日の受付時間中に先生の診療所に向かう必要があります。
先着順であり、施術の際にも個人差で時間のかかり方が違うので、早くついてもその前の人が長ければ施術時間は遅くなります。

待合で待っている間は時間をつぶせるものを等を準備して句のも大事です。

待合での口コミ

筆者が通っているうちにもっとも驚いたのは県外の大学生たちの話でした。
大学最後の試合に1年生からずっと一緒に頑張ってきたメンバー全員で出たい。
けれども、一人の足が原因不明でずっと動かず、メンバーの一人が先生の近所ということで休暇を利用して先生の所に全員できているという話でした。
先生は彼を見るなり「1週間で俺が何とかしてやる。10日ありゃもっとよくしてやる」と言われ、筆者が出会ったときが1週間目だったのですが肩を借りて歩いていたらしいのが自力での歩行ができるまでに回復しており、現代医学ではどうにもならないことを先生が治療したことを目のあたりにしました。

後日、また訪問した際に聞けたのは彼の足は完治しサッカーの試合に全員で出場できたそうです。原因は彼に憑りついてものが悪さをしていたらしいですが、彼が原因ではなく彼の周囲の人が原因らしく、いわゆる貰い事故のようなものだったらしいです。

透視と霊視

筆者の友人にも紹介したところ、早速いってくると向かい彼女はその場で透視と霊視を体験することになりました。
彼女の自宅には神主を置かずに持つことのできる大きさでは最大級の神社があるのですが、先生は彼女がはいってくるなり「お前についてる小さい狐がさっきからずっと俺んところにあいさつに来てるんだ。おまえんち狐あるか?」と聞いてきたそうです。
彼女の家で所持する神社は一見すると彼女の家の所持には見えない場所になります。
先生はそれも的確に見てしまい、透視と霊視を彼女は同時に体験してきました。

この先生にとっては見えることが普通なのであり、先生の前ではごまかしなどは一切聞かずに見えすぎるという体験をすることになります。

口コミの広がり

先生のこのスタイルはなかなかないものであり、口コミで広がっていきました。
その結果先生のプライベートなどもほとんどなくなってしまったことや、トラブルなどに巻き込まれたことから現在は先生の情報はほとんど検索しても出てこない状態です。
それでも、口コミで患者は現在も増えており待合に人があふれない日はありません。

施術時間は人によって長さが違う

筆者は体の歪みが酷く、施術の際には20分前後になりますが長い人では2時間を超える場合もあります。
この場合には原因が体のゆがみなどではなく、先生しかなおせない原因であることがほとんどです。
この場合には施術の時間も長くなります。また、1度の施術で完治しない場合には何度かの通院が必要になりますがその際にも先生の方からの回数指定があるので安心できるのもうれしい部分です。

施術前の注意点

これは特にはありません。場所が過疎地でコンビニなども少し離れた場所になるので事前に軽いものや飲み物を準備していくことになります。
受付表などはありませんが、患者すべて順番を守っています。(過去に、順番が違うときに先生から「お前じゃねえべ」という声が聞こえたこともありますので割り込みはできません)
順番待ちの時間が予測できないので、仮眠をとったり読書に当てたりする人も多いので時間をつぶせる準備も大事ですね。

施術後の注意点

これは少しだけありました。
当日の入浴は禁止されています。
シャワーやシャンプーなどは問題はありませんが、全身を湯船に付ける行為は禁止事項の一つです。
もう一つは当日の飲酒は禁止です。

以前、筆者が施術後に効果をもっとよくしたい!と思いマッサージ向かったところ、翌日原因不明の腰痛になり半端ではない激痛の中一日過ごしたことがあるので、施術後は大人しくしていることの方が無難かもしれませんね。

道のり

近隣にはブナ森林や棚田などもあるので、帰り道に観光もできます。
有名な武将の記念館等も車で30分程度なので整体の施術をメインにしながら帰り道に寄り道などもできる立地になっています。
シーズンなどのさいにはアユなども食べられる施設もあり、心身のフレッシュにもなります。
道のり

いざ、施術!

順番が来たら「次どうぞ」とよばれるので先生のいる施術室に入ります。
施術室は6畳ほどの広さで施術用の敷布団と、小さな鳥居等も準備してあります。
先生に支持されて最初はうつぶせになり、施術開始です。

筆者は交通事故で重度のムチウチをもっており、頭痛にとにかく悩んでいたのですが
通い始めて数回で鎮痛剤の効果がでるようになりました。

腰や背中などもですが、股関節もはずれやすいのでしっかりといれてもらい此の間は普通の整体の様にそこまで痛みなどはありません。

顔の施術

先生に仰向けになる様に支持されて、先生の膝の上に頭を乗せられます。
繰り返しますが筆者は首のムチウチで通い始め、今でも気圧などにはめっぽう弱く鎮痛剤は手放せません。
「なんだお前このぐちゃぐちゃな顔面は」と先生が笑いながら筆者の顔に施術を始めた瞬間――――――――――――痛い!痛い!痛い!
とにかく痛い!ので「痛い」と言ったところ「こんなに顔面ぐちゃぐちゃじゃ痛えだろうな」と手は止まることはありません。
先生の指は力は入っていないのですがとにかく痛い。涙が出るほどに痛い。
で、筆者は顎関節のずれ、首の骨と頭骨の接地面のゆがみ、それが起こす歯並びのずれなどを直してもらったのでここで激痛が走ったというわけでした。
施術後は自分ではどうにもできなかった歯並びのずれが解消されて前歯の位置が上下一緒になってました!

最後に肩と背中を軽くたたかれて施術はおわり、その場で先生に指定された金額を支払って終りになります。(3000円からになり、重度のひとや払うほうが多い人は少し増えるようです)

足首の痛みを伝えた時にあったこと

何回目の施術の際に、足が痛いことを伝えたところ終り際に先生が軽く足首を掴んだときに、激痛が走りました。
筆者は右足のふくらはぎの肉離れを起こしたまま固定させてしまい、むくみなどを起こしやすいのですがこのさいにはしばらく足は細いままでした。

狐憑きということ

先生と対面した時に感じることはおそらく皆さん同じかと思います。
姿かたちは確かに人間ですが、その向こうにいっている人のすごみがあり、何でも見えていることがわかるのです。
お顔も狐に重なる様になっており、一瞬こわいと感じる人もいるかもしれません。

ですが先生は結構フランクで面白い方であり「お前また変な物買ってきただろ(筆者は先生にお土産でコンビニでシーズン物のお菓子をもっていくのが好きです)なんだ?箱でビニールの無い奴だな(とけないたけのこの里でした)」などと透視していたり、帰り道も筆者は遠方なので「工事中のが長くなるからこっちからまわって帰れ。お前の運転だとその方が距離は出るけど安全だ。帰りにすし食っていくんだろ?ならこっちだとまっすぐ出れるぞ(確かにお寿司を食べることを考えていたが伝えていない)」などもあり、先生と波長の合う場合は今日来るなどもわかるそうです。
筆者はあまり道をおぼえないのですが複雑に近い先生のところは間違えずにたどり着けることなども含めて先生に「相性がいい」と言われたことがあります。

霊視

筆者がどうしても悩んでいたことを先生に一度伝えたところ「それは山から下りてきたよくないもんだ。この季節はたまに出てくる。かえったら粗塩を皿に盛り塩して玄関の内側に左右においておけ」と指導されたことがあります。
いいようのない不安な顔であったことは覚えていても、顔を思い出せないという状態で先生の所に行った時に言われたことで納得できたという霊視体験です。

ほかにも、筆者の友人の「その男はダメだぞ。他に女がいる」などもふくめて霊視のたかさにも驚かされます。

施術後の体の変化

帰宅するまでは1時間~2時間かけることがほとんどなのですがその間は不思議と眠気は来ません。
ですが自宅に着いた瞬間に崩れるように眠くなり、軽く寝てしまうなども珍しくない状態です。
ゆがみがまた出てくるまでは熟睡しやく、頭痛なども比較的軽くなってくれるので整体の効果もすごく高いのも口コミの広がりに繋がってると感じました。
ふくらはぎの太さに悩んでいるのですが施術後はびっくりするほど足が細くなる!
そしてぐちゃぐちゃと言われた顔面ですが、左右がシンメトリー状態になりメイクもしやすく眉の位置なども同じにできるなども含めて確かな霊体師だと感じました。

待っている人たちの口コミ

「ここに来るとすっきりするのよね」「なんかでかけたら具合悪くなっちゃって」
など近隣の人は気軽にやってきます。
実際に待合で待っている間、施術室の中から泣き声が聞こえたり、その人が出てくると、位に笑顔になっていたりと不思議な体験をすることができます。
筆者は霊障などはほぼないのですが、霊障に悩んでいる人、どのクリニックに行っても原因不明と言われる人などは一度お世話になってみるのがおすすめになります。

通う頻度はとてもアバウト

筆者は数カ月に一度、下手をすると2年に1度など通院になるのですがこれも問題はないのだそうです。
先生の言うところの「必要になったらくるで良いんだ」というものになります。
金銭の為ならばもっと細かく通うことを指示されると思いますが、先生は実際にこのようにかなりアバウトな部分があり、おおらかな人です。

先生はどんな人なの?もっと詳しく

先生の詳細は書けませんが大まかにはこのようになります。

・A先生
・60代、男性
・狐憑き
・霊体師として地元で活動を行い数十年
・患者は海外からもやってくる
・休みなどは不定期なので事前に電話をして休みの日をチェックする

筆者が先生にいくつか聞いたことがあるもので面白かったのは世間の長期休暇の時は旅行に行ったりすることと、年に1度京都の伏見稲荷に向かうそうです。
これは狐がいるから狐の本家に顔を出す感覚らしく「親戚まわりみてぇなもん」と笑っておられました。
筆者もダメもとで一枚お札をお願いしたところ、先生の手持ちの伏見稲荷のお札を譲っていただいたことがあります。

どうして検索に出ないの?

先生は能力が高すぎてトラブルに巻き込まれ悲しい思いをなさったことがあります。
筆者すらその透視におどろくほどなのでもっと驚く方もいるかもしれません。
口コミであれば安全度はまだあるので、このレポートも書ける範囲での作成になっていますことを御了承いただけると嬉しいです。

恋人との相性は見てもらえるの?

これも希望すれば先生が施術中に見てくれます。
よほどひどい場合には「そいつはやめておけ」とこちらが相談する前に先生に言われることもあります。
霊視、透視、未来視等もできる先生なので施術中に心もかなりデトックスができるのが感じられます。
実際に施術前までかなりネガティブなときがありましたが施術後は本当にすっきりとして空がきれいとか考えられるようになってました。
結婚や離婚などもその場でぼかさずにはっきりと答えてもらえるので、ある意味対面式の鑑定に近いもしれません。

順番を守らなかったらどうなるの?

これも一度実際に経験したのですが、先生の方から「青色の服着てるやつが次だろ」と声を掛けられた人がいました。
先生のいる施術室からこちらの待合を見ることはできず、引き戸で完全に仕切られています。
このようなことが普通に起きるので受付表など無くとも、待っている人は自分たちで次が誰なのかを守る様になっているのも面白いところです。

いきなりいってもOKなの?

当日に受付時間中(正午12時までに待合室に入る)のが条件なので予約などは一切できません。
場所がわかる場合にはいきなりむかっても問題はありません。
ただし、休診などもあるので一度施術を受けた際には待合に書いてる電話番号を登録しておくといいかもしれません。

年齢制限や性別での違いはあるの?

これも一切ありません。小学生などでも施術をうけることができますし、霊障などでの不調の場合には整体施術よりもそちらの方を重視してくださることも多々あります。
学生さんなどの感想として「科学で証明できないことや、現代医学じゃどうにもならないことでも解決できるんだね」などもあるので、困っている場合には向かうことで解決策にたどり着けることもひじょうにおおいです。

軽い肩こりとかでも施術してもらえる?

通っている人全員が重篤な症例ではないので、足をひねったので直してほしい等で来る人も多いです。
必要な施術をおこなってくれるので肩こりなどもしっかりと直してもらえます。
施術後はとにかく体が温かいのと、何を食べてもおいしく感じるので味覚のリセットなども行われているのかもしれません。

野生のプロということ

鑑定士や占い師などはプロとして活動しています。
ですがこの先生はあくまでアマチュアとして活動しており、何処にも所属していません。
先生にしかできないことがあるのでその活動の場として治療院をつくり、霊体師というジャンルをつくられたといってもいいでしょう。

ごく一部ですがこの先生の様にプロにはならずともプロ以上の能力をもっている方も存在します。
筆者も実際にあうまでは普通の整体師さんだと思っていたのですが待合の人たちの話で先生のなんとなくを知ることになった口です。
ですが、確かにモヤが晴れる体験をした側なので、霊媒師という存在は要るのだと感じることができました。
信じる、信じないというものはきっとあるでしょうが何度も通わせてもらっている側としては腕のいい整体師さんが一緒に変なものもとってくれる、という感覚が近いかもしれません。
野生のプロということ

まとめ

筆者にはざんねんながら霊感などはなく、たまたま何人か知り合いに霊感体質のひとがいるとう状態の環境という程度です。
ですが、実際に施術を受けた時にゆっくりと全身が温かくなるのがわかり、何ともいえないゆったりとした気持ちになっていくのを感じることができます。
待ち時間の間に先生についている狐がいるという稲荷神社におまいりしたり、同一境内の神社を散策したり、そこからの風景を楽しんだりもできます。

少し遅い桜の開花を楽しむこともでき、杉木立の美しさや空気のすがすがしさを楽しむこともできます。

帰り道の風景も田舎の美しさを楽しむこともでき、一枚の絵画としても成り立つような風景に出合うこともあります。

来る途中には同じ道であっても気付かない風景の美しさに目を向ける余裕まで作ってもらえるのが先生の施術のすごさと体験しました。

霊体師というジャンルは中々ないものだとおもいます。
ですが、心の余裕まで作ってもらえる施術であることは確かであり、視界もクリアになったのは驚きました。

不調というものは原因がそれぞれ違っており、医師の診断では問題がないと言われても不調がどうにもならないことは珍しくありません。

霊体師は霊媒師+整体師であり、まさしく野生のプロと言える存在です。
そのたしかな技術に、さらに先生しかできない霊媒を加えたものであり機会があれば多くの方に体験していただいたいと思うほどです。
筆者も体験して感じることや気付かされることが多かったのも事実です。

このレポートで少しでもそのような体験をする人が増えればうれしく思います。

関連記事