Pocket

口寄せ師(イタコ)に騙された。偽霊能者に騙された。この言葉は雑誌などでよく見るものだと思います。ざんねんながら一部にはまだ偽物などが存在するのが占い業界でもあります。
ですが、偽物は続けることで色々な弊害やリスクが出てきます。
今回は現役口寄せの方に、偽口寄せに起きる可能性のあることを直撃でお話を伺いました。

なぜ、霊能者に偽物が多いのか

霊能者になぜ偽物が多いのか?これは一度は誰も思うことではないでしょうか。
霊能者に偽物が出やすいのは霊感というものがあいまいなものになるからです。
霊感は目に見えないものであり、オーラや波動なども言われれば何となくという人がほとんどかと思います。
例えば調理師などであれば料理などをつくることで他の人との違いをはっきりと分かることができますが、霊能者はそのようなはっきりとした能力をもっている人は非常に少ない状態です。
生粋の霊媒体質、霊感体質なども自称であることなども多く、疾患などの副作用としてそのような状態の人などもいないとは言えません。

霊能者でも本物の方はいます。
本物の方で長年活動をしている人は透視や霊視もはっきりとしたものが多く、必要事項などはほぼない状態での鑑定や占いなどが可能になります。
占いの種類によってはカードや水晶、図番、砂盤などをつかうこともありますが、これらは霊感などをしっかりとまとめることや依頼者との距離を縮めるためのワンクッションの役目になることも多いです。
また、道具などは使わずに霊感や霊視だけで鑑定を行える人であっても、不安感を少し緩和させるために道具を用いる占い師も少なくありません。

霊能力はかたちになるものではないので、偽物が自称霊能者として活動をすることも可能になります。

偽物ほどテクニックをもっている

偽物は霊能力がないので透視や霊視ができません。
なので、占い師として信用させるには話術を磨くことが大事になります。
「会話が楽しい」「自分の話をじっくりと聞いてくれる」「すごく自分に沿って話をしてくれる」が前面に出ている場合で鑑定内容などは少しであるなどの場合には偽物である可能性がないとは言えません。
本物占い師であれば鑑定の内容が主体であり、それを伝えるための話術になるからです。

カウンセリングを主体にしているなどの場合には霊能力での鑑定は少し物足りなくなるという人が出てきます。

個人の電話占いなどで偽物の被害が多いのは他の霊能者との比較ができないことなどもありますが、話術と引き出し方のテクニックがうまいなども大きな要因になります。

なぜ偽物が出てくるのか?

占いは雑誌なども多く発刊されており、今ではひとつのジャンルとして存在しています。
女性もですが男性も占いに興味のある人はおおく、週刊誌や月刊誌には星座占いなどもあることから占いはとてもメジャーな物でもあります。

占い師になるには資格は不要です。
医師の様に国家免許などが必要なものではないので資格などの面でのハードルはぐっとさがります。
資格が不要で、場所も自宅やアパートなどの一室でも対面式の占いは開業することができます。
開業のための必要な資格なども特にありません。
隠れ家占いサロンの等のキャッチフレーズで雑誌などに広告を打てばある程度の集客が望めます。この第一陣の集客を固定客にして口コミなどをつかうことである一定の顧客を確保できるので雑誌などの広告が高めであってもペイできることになります。

元手が少なく鑑定料金は自分で決めることができる。
このことから偽物などが金儲けのために占いを始めるなどが多くなってきました。
また、高額でブレスレットやお札などを購入させることでより多くの収入なども簡単に得ることができるなどもあり、悪質な事件などに繋がっていくことにもなりました。

国民生活センターなどにも偽霊能者による詐欺事件などは多く報告が上がっており、現代人の問題の一つとして偽占い師による被害が出て気いる状態です。
以前はこのような霊感商法等が中心でしたが、昨今で問題になっているのが電話占いにおいおける偽占い師の問題になります。

電話占いの偽占い師

電話占いと偽占い師の問題を一気に広めたのは世界仰天ニュースでの事件になります。
別ページでも取り上げていますが、上記の様に占い師は簡単にできることなどからより省スペース、金銭の負担も少ない条件になる電話占いにこんどは偽占い師たちが目を付けました。

電話占いは電話を使っての鑑定になります。
偽物として名前が知れてしまっても電話番号を解約し、再契約することで今までの存在をリセットできることなどから同じ詐欺師が複数の占い師を演じている等も出てきており、国民生活センターでも取り上げられています。

世界仰天ニュース等で取り上げられたことをきっかけに週刊誌などでも偽占い師の被害などを大きく取り上げて記事にしたこともあり、電話占いに対してマイナスのイメージをもっている人は残念ながら多く存在します。

このように、目に見えないものであることや手軽に利用できることなどを逆手に取ったのが電話占いで偽占い師が増えることに繋がりました。

占いという行為

占いは「当たるも八卦当たらぬも八卦」という言葉ある様にあたることもあれば当たらないこともあるから気休めにという感覚でうけることがなんとなく頭にある人が多いです。
このことからも外れてもそれはそれで仕方がないと考えることもできます。
これを利用しているのが偽占い師になります。

占い師は様々な人がいます。
ですがその中でもハイクラスといわれる占い師は金額以上の結果は伝えません。
占いのルールは古来より、対価と報酬はイーブンであること、になります。
にせうらないはこのルールを壊している存在といってもいいでしょう。

人ではないものの存在

霊感のある占い師などは人ではない存在との対話などでの鑑定を行うことがあります。
このひとではないものは別ページでも少し触れていますが人間よりもずっとシビアです。
利用されるだけということはなく、それなりの対価を要求すると言われています。
また、とてもさみしがりのものなどは偽占い師や偽霊能者がたまたまそこにいるときに「いる、感じる」といってしまうことで「自分を見ることができる、助けてくれる」と考えるものもいるそうです。
これらも偽占い師や偽霊能者などにはゆっくりと積み重なっていくものになります。

では、実際にどの様な積み重なりになるのか。現役で口寄せをおこなえる方にインタビューをしてきました。

偽物に起きる事故

今回は現役で口寄せ(霊視、透視、霊聴、お祓い等ができる存在)の方にお話を伺ってきました。
偽物がいつの間にかいなくなっていた、サイトから抹消されているのはなぜか等を知ることができました。

こんにちは。今回は偽物の霊能者や偽口寄せの話などを聞かせていただいたいのですが
恵子さん
こんにちは~よろしくね
偽物とかってどう思われますか?
恵子さん
目立ちたいのかお金ほしいのかのどっちかかなって思ってるわ
目立ちたい?
恵子さん
そう。人が見えないものが見えたりするのって周りからすごいっていわれることがあるでしょ?だとなんだか自分がすごいものになった気がする。実際には見えてれば面倒だし気持ち悪いっておもわれたり、なんでそこまで知ってるの?って嫌がられることの方が多いのよ
うわあ
恵子さん
私は後から見えるほうになったからあれだけども、生まれ持って見える人とかはそれが嫌で見えないふりをする生活を選んで、見えなくなったとかも聞くわね。実際に見えていい事なんてないって私も思ってるもの
いろいろ大変だったんですよね?
恵子さん
私は見える、聞こえる、話せるがセットで来ちゃっから話しかけてくるのが多いこと多い事。その中でもあんまりよくないものは何とかしなきゃいけないので先にちゃんとした口寄せやってる人に、相談したのよ
どうなったんですが?
恵子さん
祓える方法を身に着ける、普段の生活からも力を得られるようにするとかの、言葉にすると修業なんだろうけどもそこまでかしこまったものじゃなかったわね。で、修業を少ししたことで悪いものを外して細かくして流すことができるようになったの。これで“こいつなら取って食える”みたいにくるのは来なくなった(笑)
いまでも肉体言語であれしますよね(笑)
恵子さん
話し合いができないときは仕方がない
だと見える人にはそういうのが寄ってくるんですね
恵子さん
そういうことになります

見えるふり聞こえるふりはとても危険

よく、夜中に怪談や都市伝説等を読むと自分にそれが振りかかるなどの迷信があります。
これは心理面でのことになりますが、偽占い師などは常にこの振りかかりやすい状態の中にいるという部分が出てきます。
それは占いや占いにいたことを言う場合には少なからず心霊的な部分に触れることになるからです。

偽物が見える、聞こえるっていうとどうなるんですか?
恵子さん
タイミングもあるけども、たまたま視線を移した場所に何かがいて、そこにいます、といえばそこで勘違いがおきるの。勘違いであってもそれがあちらにはわからないし“見える!聞いてもらえる!しかなくなるのよ。だから自分の話を聞いてほしくて話しかけるけども相手にしてもらえないから怒りのほうが大きくなってくる。これで偽物といわれる人がゆっくりと悪いものを背負いやすくなっていくわね
嘘ですとかは通じない感じですか?
恵子さん
ずっと誰も気付かなくて寂しくて寂しくていたところに、見えると聞こえるよって言われたらそれがすべてになっちゃうのよ。基本的に一つのことにとらわれてそこにいることがおおいからその一つのことが“もっと聞いて!”に変わっちゃうの。たとえば依頼者にそれが憑いていたとして、偽物が見えます聞こえます、っていってしまうと危ないのよ
と、言いますと?
恵子さん
依頼者は当然だけども聞こえないし見えないの。だけども、何らかの事情で離れることができずにいたりして、依頼者に悪影響をだしていた。偽物が見える、聞こえる、となれば聞こえる人に移動しちゃうことがすごく多いの
うっわあ
恵子さん
そうなると、依頼者は今までの不調がなくなるから“あの人は本物だった!”ってなるのよ。実際には悪いのが移動しただけなんだけども。そうなってくるとその人のつてでいろんな人が来て、その中にはそういくものをもっている人もいる。どんどん増えて言って最後には背負いきれなくて、ということもあるのよ
こわっ!!
恵子さん
しかもこういうのって独占欲がすごいの。だから、ある程度集まると同士討ちと共食いをはじめてより悪化していく。最終的に最初の物よりも酷いものになっていて、本物の所に行ってはらってもらうとかになるけども、断る人がほとんどじゃないかしらね。行ったとしても恐らく相当な高額になるわよ。私はまだそこまで酷いの見たことはないけども、話に聞くことはあるからねえ
ひゃー……
恵子さん
偽物だけじゃなく、呼びやすい人なんかもたまにどういう同士討ちでおっきくなった物とか背負ってる人いるっわよぉ(笑)買い物とか言った時にはっとなって振り返るとすれ違った人がそうだったとか。見えるとそういうのも見えるからすごく不便だし嬉しくはないわよ
その場合はどうするんですか?
恵子さん
見なかったことにする
見なかったことに(笑)
恵子さん
どうにもできないし自分に来られてもすごく困るもの。そういうのは運が良ければ誰かが何とかしてくれる、それこそ、偽物がそこで“見えますがとてもさみしそうですね”なんていえば嬉々として移動するわよ。だからうかつに見えるとかはいっちゃダメなのよ
ですねえ
恵子さん
これが学生とかだとまだ学校とか人が多いから分散されるの。でも家庭のある人や会社とかだと学校の様な大人数ではないでしょ?分散されないってのはすごく面倒になってくるのよね(溜息)
学校にもいますか?
恵子さん
人の出入りが激しいところはいろんなものが集まるし、場合によってはよりよい宿主に移動することもある。でもそういう移動できるものは長期に滞在はしないからそこまで影響もないのよ。でも占いって一対一だし、ある程度の時間を一緒にすごくわけでしょ。だとあまり偽物さんにはよくはないわね
ですねえ……
恵子さん
まあ一回、痛い目にあうとそういうのやめる人のほうが多いわね
痛い目、ですか?
恵子さん
そう

偽物が消えていく理由とは?

偽物が消えていく理由とは?

偽占い師がいつの間にかいなくなっていた。これもよくある話です。
ではなぜ気付かぬうちに居なくなるのかを聞いてみました。

痛い目はほかにどんなものがありますか?
恵子さん
本当に、適当にいっただけでもそういうものって嬉しくてよってきちゃうのよ。そして今度はその寄ってきた物を食べたいものがやってくる、それを繰り返していくことと餌になるものを依頼人がずっと持ってきてくれる、依頼人が途切れることがないときは単純にどんどん成長することになるのよ
怖いですねえ
恵子さん
どんどん育っていくうちにエサが足りなくなる。子供と一緒で成長期みたいな…いや、虫が孵化する方がイメージが近いかな。どんどんエサを求めるようになるのよ。でも、偽占い師とかも休日は必要だし、睡眠とかも必要
ですね
恵子さん
だけど……そんな要求を受け入れると思う?そういう存在が
あっ…………
恵子さん
まあ、それまでにお金儲けしてるからその対価としてそういうものが来たと思えばいいけどもそう思えるひとっていないでしょうね
恵子さんはそういう人見たことありますか?
恵子さん
占い師とかではないけども、あの人も見えるんですってみたいな話を聞いて話をしたら偽物だったとかはあるわよ
どうなったんですか?
恵子さん
私はほら、多かれ少なかれ同じように見える人ってだけである程度の苦労は同じだと思ってるから大変よね~って話をするんだけども相手は全然見当はずれのこといってるのよ。
逆に“最近すごく調子わるくてなんとかなりませんか?”とか言ってくるんだもの。そんなの自分で何とかできるようにするか、それが嫌なら見えないふりをする生活を選ぶかになるんだけども。自分で見えますって言ってしまったから仕方がないのよねえ
あー……
恵子さん
なんかあの人は守護霊見えるんだよとか目立つのがうれしい感じだった。その時は仕方ないから往復ビンタして追い出してから切り刻んで捨てておいたけども
お、往復ビンタですか!?
恵子さん
一番出しやすかったから!!
で、出たんですか?
恵子さん
バッチリ!(いい笑顔で親指を立ててました)
その後どうなったんですか?
恵子さん
私にはすごくよそよそしくなったけれども、見えるとかはいわなくなったらしいわよ。”熱を出してから急に見えなくなって“とかでごまかしたみたい。まあ、偽物のお札とかネットとか見ながら書いたりしてたみたいだからね。お金貰ってたらもっとひどいものになってたと思う

偽物がつくるもの

偽物がつくるもの

霊感商法という言葉がある様に、偽物はパワーグッズやお札などを売りつけることが非常に多いです。
ここでは偽物が作ったグッズなどはどのようになっていくのを聞いてみました。

偽霊能者等が作ったお札とか開運グッズってどうなるんですか?
恵子さん
割とただの紙切れとただのアクセサリーかな。効果とかぐちゃぐちゃの状態で石とかもくんであることが多いでしょ。私はパワーストーンとか全く専門外だけども、自分の好きなもので組んでれば少しは効果が期待できるけども第三者が何も考えずに適当に組んでるか、量販店とかで買ってきた物を高く売りつけてる場合にはただのアクセサリーよね(笑)
お札も文字の配置が間違ってることもりますしねえ
恵子さん
適当に書いて効果がある場合は書いた人がそこそこ力のある人になるのよ。普通の人が書いたところで効果もなければ、張る場所も間違ってることが多いから偽物のお札は紙切れ以外にはならないわねえ
ですねえ
恵子さん
でもね、売りつけることができるのはいろんな要因があるの。その要因の中に背負ったものや背負って成長させたものがある場合には問題が出てくる
も、問題?
恵子さん
そう。取り分の問題になるの。“俺のおかげなのに俺の取り分がない”と
けっこう勝手な意見ですよね
恵子さん
そうよ。勝手だし考えも一個になることが多い。でも貪欲なのよ。だから分け前が無ければ本人から何かを毟りはじめる。これが一つならいいけども数が増えていけばとてもいやよね
すでに聞いてるだけでも嫌です
恵子さん
そうよねえ。偽物がいつの間にかいなくなるのは限界値が来ちゃってることが多いのよ。もうこれ以上はとれない、背負えない、そんな状態。そこまで育った者を祓える人も少ないだろうし、自分で育ててしまったとはいえ厄介よねえ
偽占い師とかいつの間にかいなくなるのは……
恵子さん
占いとかってただでさえそういうの背負ってる依頼者がおおいじゃない。いっこ引き取ってしまうと町とかを歩いててもあの人に移動できる!って場所の奪い合いになるのよ。その中で弱いのはその時点で餌にされちゃう。だとある程度厄介なのが共存し始める。これが一番いやよね。どれかを祓えても残ってるものが今度は場所が広く使えるから育つし、悪影響も出てくる。見える聞こえるっていうのはいいものじゃないってわかるでしょ(笑)
わかりすぎます
恵子さん
怪我もそうだけども、早いうちにどうにかすべきことにはなるのよ。最後には自分が潰されちゃうからあまりそういう偽物が長続きしないことになるのよね
うわー
恵子さん
あと、大体ばれるときってエサが無くなってきたときに“ここまで稼がせてやったのに!”で一気に対価を要求した結果で裁判とかで高額請求とかにつながることもあるの。対価って相手の基準になることが多いから、あっちからしたらこの程度っておもってもこっちにしたらとんでもないものであったりもするのよ。神様とか自然物とかは向こうが大したものじゃないけども返しておくか程度でもこっちにはとんでもない力だったりもするからね
じゃあ、極端な話なんですがよく聞く、神様に嫁入りとかはどうなるんですか?
恵子さん
神事ではなく本当に輿入れになる場合は恩恵がとんでもないものになるわね。それがいい神様であってもそうじゃない神様であっても。それこそ昔話によくある“少女をいけにえにするので災害をなんとかしてください”なんかは実際に神様が関係なくても“まあ、もらったからなんとかするか”で聞き入れる場合もないとは言い切れないものだからねえ。昔話とかって案外ちゃんとした元の話があったりするから、そんな前からそういった話があるのは、はわかるなあって
うわー……
恵子さん
土地神とかそういうところに嫁ぐと、嫁がせた家にはそれこそいいことがいっぱいになるわよ、割と長い時代の間に。神様ってのは長く長くいきるから
じゃあ、悪い神様の所にお嫁にいった場合には……
恵子さん
その場合には悪い効果がでるってわけでもないのよね。神様って基本的にもらいっぱなしがないの。お嫁にいった子が神様にとってどれだけの価値があるかで何かの恩恵はかならず出してくる。今まで起きてた悪いことが止まるとかも、神様が満足してるからと考えることもできるわね
以前に言ってた草取りをしたりとかですか?
恵子さん
そう。別に見返りとかじゃなく見栄えとか快適な方がいいとかで私はやるんだけども、それも対価になってしまうのよね。だからこそ神様ってのはイーブンな存在でもある。だからこわいのよ
だと、うっかり……偽物が神様のなれの果てを引いてしまったら
恵子さん
それこそ、もうどうにもならないわね。最悪命までとられるだろうし。そういう人は普段の生活も荒れてるし、普段からお仏壇に形だけでも手を合わせるとかもない。どうにもならない状態に引いたらって考えると怖いわね
で、でもそういうものを背負ってる人ってそんなにいませんよね?
恵子さん
そんなにはいないけども、そういう人を呼びやすくなっちゃうのも怖いのよね。だから偽物っていうのは何時の間にかいなくなる。あともう一つあるのよ
えっ!?
恵子さん
いつの間にか記憶からも消えている。つまり、存在まで消されてしまう。これはとても怖い事なのよ。誰も自分のことを思い出してくれない。人じゃないものも忘れられることがとてもこわいからいろんな方法で主張してくるの。最後にはそれと同化しちゃう人もいるからやっぱりやらないほうがいいわねえ
極論ですよね?
恵子さん
フィクションです、でもいいわよ(笑)

霊感の無い占い師の才能

占いって学問ですよね?
恵子さん
そうだねえ
だと、霊感の無い占い師の人が霊感をもってるふりをして、霊感以外の鑑定と組み合わせるとかもありますか?
恵子さん
ないとは言わないけども疲れるから多分やらなくなるわね
?????
恵子さん
東洋占術も西洋占術も数字と数学的なものを多用していくの。その時点で脳をフル回転させていき過去の症例や事案と照らし合わせていく。これを何重何百というパターンを重ねて言って最適解の一つをだし、他の可能性もだしていくのよ。偽物としてやるよりもきちんと自分のフィールドで勝負したほうが疲労も少ないし的中率も高くなる
ですねえ
恵子さん
でもね。霊視とかが少し弱いけれども見えるとかそういう人が精度を上げるためにカードや砂盤とかを使うのはすごく普通にあるのよ。だから、両方あるから偽物ということもないの。偽物の人は実際にはなしてみると違和感が必ずあるから。その場合には電話占いとかならその場で電話切っても問題ないでしょ多分
霊感はかならずあるものでもないですからね
恵子さん
霊感があってもその強さとかは個人で違ってくるの。口寄せも同じ。偽物でお金いっぱい貰ってるとその分自分の魂が減っていくからねえ。口寄せの偽物はあまりいい結果につながることはないのよ。お金って確かに対価にはわかりやすいものだけども貰いすぎてる場合は何かで調節されちゃうからね。私は金銭で見ることがほとんどないけども、お金とってる偽物は早い段階で災いがでちゃうと思うわよ
事件とかになる人はどうなるんですか?
恵子さん
社会的に抹殺されてるでしょ
あっ……
恵子さん
どこに行っても石を投げられるだけの生活ってどう?
(絶句)
恵子さん
偽物ってリスクがすごく大きいのよ。目に見えないものとの取引をするにはね

高額請求はあまりしない

高額請求はあまりしない

本物の見える人たちって、それ以上のお金とらないですよねそういえば
恵子さん
それ以上の場合にはちゃんといくらくらいかかるって言うでしょ
はい
恵子さん
等価交換が基本だからね。そういうことなのよ。偽物ほど早い段階で何かを買わせたり、高額の支払いを確約させていくの。そこも一つのチェックッポイントになるわね
恵子さん売りつけないですもんね
恵子さん
追い出すくらいなら殴ればなんとかなるからね
殴る(笑)
恵子さん
殴られた方はめちゃくちゃ痛いでしょ。それが対価になる。外したもので使えるならそれは私への対価になるし。問題がなくなる状態だからね
じゃあ、金銭ではないもので貰ってるという
恵子さん
そう。オプションが増えていく(笑)
オプション(笑)
恵子さん
でもね、私は金額でどうにかしてもらえるならそれが一番安上がりだと思うわよ
ここまでのお話を聞くとすごく思いますね
恵子さん
なので、金額でどうにかなるものは利用していくのがいいかなあ
なるほど。だと、電話占いとかもすごく有効なものですか?
恵子さん
それで本人が楽になるなら私はいいと思うわよ。ただ、払った分に見合ってないなあとかもったらやめたほうがいい。金額よりもよかったと思うならそれが一番だもの
今回も興味深いお話をありがとうございました。またお願いします
恵子さん
はい、いつでもどうぞ~

偽物の霊能者はさかのぼれば歴史書などにも記述があるほどです。
特に対面せずに済むことと、開業の金額とリスクの少ない電話占いなどでは偽占い師や偽霊能者が多く出てくるのも土壌としては温床になりやすい場所でもあります。
ですが今回のお話などで、なぜいつの間にかいなくなるのか?などの一端に触れることができたかと思います。

電話占いはとても便利な存在です。常に高い能力の占い師に鑑定をお願いすることができ、自宅や自分の時間に合わせた鑑定時間をつくってもらうことができ、対面式の占い館などがない地方在住で悩みを持つ人にとっては心強い存在です。
今回は偽物の見分けかたなども軽く触れていますが、違和感などを感じた際には電話を切って終わらせることができるのも電話占いのメリットです。
自分に合った占い師を見つけていくきっかけにこの記事がなればうれしく思います。

関連記事