電話占いがなぜ当たるのか理由を知りたい!こんな先生には要注意

電話占いは、相手の顔も見えないのになぜ当たるのか?
その理由がよくわからず、電話占いを「インチキ」だと怪しんでいる人もいるかもしれません。
しかし、電話占いには「当たる先生」もいれば「当たらない先生」もいます。
重要なのは、「占い師選び」を間違わないことです。
そこで今回は、電話占いが的中する理由や当たる先生の見極め方を詳しくご紹介します。
本当に当たるのか疑ってしまい、電話占いになかなか挑戦できないという人は、是非参考にしてみてください。

「本当に当たるのか?」と疑い電話占いに二の足を踏む人は多い

電話占いは自宅でプロの鑑定が受けられると人気がありますが、「声だけでなぜ当たるんだろう…」と不安に感じてしまう人もいますよね。
特に電話占いは、1分単位で鑑定料金がかかるシステムになっており、最終的にどのくらいの金額になるのかわからないため、「当たる」という確証がないと、手を出しにくい部分があります。
結論から言えば、電話占いには、当たるケースも外れるケースも両方あるので、どんな有名な先生に鑑定してもらったとしても、100%当たるとは断言できません。
なぜなら、電話占いで「当たり」を大きく左右するのは、「占い師との相性や占術」だからです。
電話占いが本当に当たるのかどうかは、実際にやってみないとわかりません。
一人目で相性が良い先生に巡り会えた場合は幸運ですが、やはり何人かに鑑定してもらって数人目でようやく自分に合った占い師に巡り合える場合もあります。
そのため、本当に当たる先生を探すのであれば「長期戦」を覚悟しましょう。

でも、何人もの占い師に鑑定してもらうと、それだけ鑑定料金もかかるよね?

占い師

そんな時には、電話占いサービスが実施している「初回無料鑑定」を上手く活用するのがポイント。

それぞれの電話占いサービスには、初回限定で10分前後の無料鑑定サービスがあります。
無料鑑定を利用することで、平均的に2,000円~3,000円も安く鑑定を受けることができるのでお得です。
初めて電話占いに挑戦する人は、相性の良い占い師を見つけるために、是非とも無料鑑定を利用してみましょう。

「なぜ当たるのか?」電話占いが的中する2つの理由

電話占いがなぜ当たるのか説明するためには、2つの理由を取り上げなければいけません。
電話占いが当たる2つの理由を、早速チェックしてみましょう。

電話占いが当たる理由➀経験者・実力者が多く在籍しているから

電話占いが当たる理由の一つ目は、「経験者・実力者」が多いこと。
大手の電話占いでは、鑑定士の採用条件やオーディションの合格率が厳しく、対面鑑定と比較して遜色のない実力者ばかりが揃っています。

占い師

例えば「電話占いヴェルニ」は、対面鑑定で評判の良い占いの館「千里眼」や「ほしよみ堂」に所属している占い師を多く抱えていることで有名。
相性によって多少の当たり外れはあるかもしれませんが、「占い師」としての実力は確かなものです。
ただし、電話占いの中には、プロと確認できない人が鑑定している場合もあるので要注意。
多くの大手電話占いは、占い師の採用にあたり「オーディション(実技試験)」を課していますが、「ココナラ」のようなスキルマーケットでは、占い師のオーディションがありません。
誰でも「占い師」として簡単に登録出来てしまうため、大手の電話占いに比べて、「占い師の質」という点で疑問が残ります。
そのため、電話占いをするのであれば、オーディションに合格した実力のある占い師が多く在籍している大手の電話占いサービスを利用したほうが安心です。

電話占いが当たる理由②占いは視覚情報に頼らないから

電話占いが当たる理由の二つ目は、占いというのはそもそも視覚情報に頼らないものなので、対面だろうが、電話だろうが、鑑定内容に違いが生じにくいことが挙げられます。
電話でお互いの顔が見えないからと言って、鑑定精度が落ちることはありません。
もしも、電話占いで鑑定精度が落ちることがあれば、それは「相術」で鑑定してもらう場合です。

相術って何?

占い師

「手相」や「人相」など視覚情報から読み解く占術のこと。
電話占いでも、スマホで撮った写真を送って鑑定してもらうことは可能ですが、写真によっては細かい部分まで鑑定するのが難しいケースもあります。
そのため、相術で鑑定してほしい時には、実物を直接見せることができる対面の方がおすすめです。

電話占いがなぜ当たるのか疑問に感じる人とも相性の良い占術

電話占いがなぜ当たるのか疑問に感じている人の場合、「占術との相性」が重要になってきます。
電話占いを信用していない人に「向いている占術」と「向いていない占術」を確認しておきましょう。

電話占いで的中率を重視する人には「命術」がおすすめ

電話占いがなぜ当たるのか疑問に感じている人には、占い師によって鑑定結果に差が出にくい「命術」がおすすめです。

占い師

命術は一生変わらない生まれ持った性質・運勢を占うのが特徴。「四柱推命」「西洋占星術」「九星気学」が代表的です。

命術は、生年月日や生まれた場所から運勢を割り出すため、どの占い師に鑑定してもらっても基本の鑑定結果は変わりません。
「占い師によって言うことがコロコロ変わり、振り回されるのが嫌!」と思う人には、命術は基本がブレないので、鑑定結果を受け入れやすい占術です。
命術は「天職」や「人生の重要なタイミング」などを知りたい時に向いています。
先天的な運勢を見る時には、命術がとても参考になります。
ただし、人生というのは、必ずしも先天的な運勢だけで決まるわけではありません。
後天的な物事の影響も当然受けますので、もしも命術の結果があまり良くなかったとしても、落ち込む必要はありません。
そんな時には、占い師に「開運」のアドバイスを聞いておくと安心です。

電話占いに疑問を感じる人は「霊視」との相性が悪い

電話占いがなぜ当たるのか疑問に感じる人は、「霊視」を避けることをおすすめします。
霊視は占い師によって、鑑定結果が大きく異なるため、「当たり」と「ハズレ」が極端に出やすい占術です。
命術のように生年月日などの個人情報も必要としないため、完全に「霊感」に頼った鑑定方法になります。
霊視は占術の中でも、特に「占い師と相談者の相性」が重要。
なぜなら、相談者が心を開いてくれるかどうかによって、霊視のしやすさが変わってしまうからです。
「電話占いは本当に当たるのか?」と疑念を持っている人は、占い師を信用していない人が多いため、霊視をする時にその疑念が大きな障害となり、正確に鑑定できなくなってしまうケースがよくあります。
そのため、普段から「霊感」や「スピリチュアル」に対して良い印象を持っていない人は、霊視以外の占術で鑑定してもらいましょう。

「本当に当たるのか疑わしい…」電話占いでこんな先生は要注意

電話占いは100%当たる先生ばかりではありません。
「本当に当たるのか疑わしい…」と感じる先生がいるのも事実です。
では、どうしたら怪しい占い師を避けることができるのか?
「こんな部分が見えたらやめたほうが良い」という注意点を3つご紹介します。

電話占いで注意したい先生➀アゲ・サゲ鑑定

電話占いの中には優秀な先生が多いですが、一部に本当に当たるのか疑わしい先生も混じっています。
特に注意をしたいのは、「アゲ鑑定」「サゲ鑑定」に偏りがちなケースです。

「アゲ鑑定」「サゲ鑑定」って何?

占い師

「アゲ」は相談者にとってプラスのことばかり、「サゲ」はマイナスなことばかり言う鑑定のこと。
アゲ鑑定とサゲ鑑定の一番の問題点は、相談者の心を「褒め」や「不安」で過度に煽り、リピーターにして占い師の利益につなげようとしていることです。
アゲ鑑定やサゲ鑑定は、1回で見抜くことは困難で、大抵は何度か鑑定してもらった後に気付きます。
「毎回言っていることが違う気がする…」「本当に当たるのか?」と感じるようになったら要注意。
アゲ鑑定・サゲ鑑定をしている占い師は、その場その場で都合が良い事を言っているので、鑑定結果やアドバイスに「ブレ」が出てくるという特徴があります。
もしも、怪しく感じた場合は一度距離を置き、他の先生に「セカンドオピニオン」を求めてみるのもおすすめです。

電話占いで注意したい先生②鑑定時間を延長させようとする

電話占いで注意したい先生の特徴として、鑑定時間を延長させようとすることが挙げられます。
電話占いの平均的な相談時間は20分~30分程度。
質問内容が複雑だったり、質問数が多い場合などは相談時間が長くなるのは仕方ありません。
しかし、1問で30分を超えるような場合、鑑定時間を引き伸ばされている可能性があります。
鑑定結果が本当に当たるのかどうかも大事な問題ですが、やはり悪質な鑑定時間の引き延ばしが行われると、嫌な気持ちになってしまうもの。
そのため、鑑定時間の引き伸ばしが怖い人は、鑑定を始める前に、「用事があるので30分以内にお願いします」と伝えておきましょう。
事前に時間を伝えておけば、良心的な占い師の場合、無理に鑑定時間を引き伸ばそうとしません。
もしも、事前に時間を伝えても、しつこく延長をさせようとしているように思えた場合、相手のペースにつき合わず、そのまま電話を切ってしまうことをおすすめします。
無言で電話を切ってしまうと、回線が切れただけだと勘違いして、もう一度占い師から電話がかかってくる可能性があるため、「ここまでで鑑定は結構です」と言っておくと安心です。
「ここで切ったら相手に悪いよな…」と考える必要はありません。
自分が「十分」だと思えるところで、鑑定を終了しましょう。

電話占いで注意したい先生③直接取り引きを持ちかける

電話占いでは、在籍している占い師と相談者の「直接取り引き」は禁じられています。
つまり、電話占いサービスを通さず、直接やり取りを持ちかけてくる占い師というのは、「ルール違反」をしているということです。
そうしたルール違反を提案してくる占い師を、みなさんは信用できますか?
「本当に当たるのか?」という問題以前に、人として信用できる人物とは言いにくいもの。
直接取り引きに応じてしまい、万が一、その占い師とトラブルになっても、出会いのきっかけとなった電話占いサービスでは、当然対処してくれません。
直接占い師とやり取りをしたら、そこで起きるトラブルは全て「自己責任」になってしまうのです。

占い師

場合によっては、高額な「お札」や「お守り」などグッズの購入を勧められる場合もあります。
電話占いサービスの規約の範囲内で利用するというのは、それだけ電話占いの運営会社に自分が守られているということ。
電話占いで不要なトラブルに巻き込まれないためにも、直接取り引きに応じるのは絶対にやめましょう。

電話占いで当たる先生と出会う3つのポイント

電話占いで「なぜ当たるの?!」と驚くほど的中率が高い先生と出会うためには、ちょっとした「コツ」があります。
どの先生を選んだらいいのか迷った時には、以下の3つのポイントを参考にしてみましょう。

【1】自分の悩みと占術の相性を知る

「なぜ当たるの?」と思う的中率が高い電話占いの先生に出会うためには、「悩みと占術の相性」をよく知ることが大切です。
占いには主に「命術・ト術・相術・霊術」の4種類が存在します。
・命術(四柱推命や西洋占星術)
生年月日や生まれ場所から生涯変わらない先天的な運勢を鑑定する占術。
「長期的な運勢」や「本人の素質」を占うのに向いている。
・ト術(タロットや易)
道具を使い絶えず変わり続ける事象を鑑定するのに適している占術。
「近未来に起こりうること」や「人の気持ち」を鑑定するのに最適。
・相術(手相や人相)
対象物の形や特徴から運勢を読み解く占術。
「本人の性質」や「先天的・後天的な運勢の両方」を見るのに役立ちます。
・霊術(霊視やイタコ)
相手の深層心理を読み解いたり、高次元の魂と交信するなど、霊感を駆使した独自の読み解きが特徴的な占術。
「故人との交信」や「目に見えない存在の力」を借りたい時に向いている。
上記の通り、占術には独自の特徴があります。
電話占いが本当に当たるのかどうかは、それぞれの特徴が生きるような占術を選ぶことが大切です。

例えば、恋愛で「相手の気持ち」や「今後の行方」を占いたい時は?

占い師

タロットのような「ト術」がおすすめ。

じゃあ、「結婚のタイミング」が知りたい時には?

占い師

長期的な運勢を占うのが得意な「命術」がおすすめ。
大手の電話占いでは、占いについて何でも相談できる「カスタマーセンター」が設置されていることがよくあります。
カスタマーセンターでは、悩み事に対して相性が良い占術を紹介してくれるため、もしも自分で判断できない場合は、そうしたサービスを利用してみるのも一つの手段です。

【2】公式HP以外での口コミもチェックする

電話占いの公式HPは、良い口コミしか掲載していないケースもあるため、鵜呑みにするのは危険です。
電話占いの先生の本当の評判を知りたい場合は、「ウラスピ」や「レディスピ」などの占い掲示板をのぞいてみるのもおすすめ。
ウラスピやレディスピなどの匿名掲示板では、占い師の「当たり報告」や「ハズレ報告」が数多く寄せられているので、アゲ鑑定やサゲ鑑定で有名な占い師をチェックしたい時にも役立ちます。
公式HPでは「こんなになぜ当たるの?」「本当に当たるのか不安だったけど、鑑定してもらったらピッタリで驚きました!」など、絶賛する声ばかりがよくありますよね。
しかし、ウラスピやレディスピを見てみたら、「自分には合わなかった」「不倫を相談したら説教された」などという意見がチラホラしていることも少なくありません。
本当に当たる先生を見つけるためには、やはり公式だけではなく、色々な口コミをチェックすることをおすすめします。

【3】電話占いの無料体験で実際にお試ししてみる

電話占いで当たる先生を見つけるためには、「無料体験」を活用して実際にお試ししてみるのが一番です。
「なぜ当たるの!?」と口コミで絶賛されていても、実際に自分と相性が良くなければ残念な結果になってしまいます。
各電話占いサービスの無料体験をフル活用すれば、複数の先生に見てもらうことが可能。
もしも、先生と相性が合わないと思った場合は、「すみません。ここで鑑定を終了させてください。」と言って、途中で切り上げるのもアリです。
写真を見て「この先生いいかも!」と思っても、実際に話をしてみると、「早口でせかせかしていて苦手」「人は悪くないけど、しゃべりや鑑定がノロ過ぎてイライラする」「声が小さく、ボソボソしていて聞き取りにくい」などデメリットを感じる場合もあります。
自分でどの占い師を選んでいいのかわからない人や、自分で選んでも希望するような占い師に出会えない人は、占い師のマッチングをしてくれる「カスタマーセンター」がある電話占いを選ぶと便利です。
【電話占いは当たる先生を自分で引き当てることが重要】
電話占いで当たる先生に出会うためには、「悩みと占術の相性」「占い師との相性」を考えることがポイントです。
悩みと占術の相性は、まずは「命・ト・相・霊」の基本的な占術の理解を深めることが大事ですが、面倒臭い人は占いについていつでも気軽に相談ができるカスタマーセンターを持っている電話占いを選ぶのがおすすめ。
カスタマーセンターであれば、悩みに応じた占術や占い師を紹介してくれるので、初心者でも手堅い鑑定が期待できます。
占い師との相性は、実際に無料体験を利用してみる以外に、確かめる方法がありません。
無料体験の時間内なら、お金は一切かからないので、気に入った占い師がいるのであれば、まずは初回特典を利用して、早速電話占いデビューしてみましょう。