魔女になりたい人に向けて、現役魔女のアドバイス

魔女は日本では少ない存在です。
一般的な霊能者とは違った存在であり、独自の価値観と能力を持っていると考えてもいいでしょう。
今回は現役の魔女のメイコさんにお話を伺ってきました。

今回は魔女になりたい人にアドバイスをいただきたいのですが

メイコさん

物好きですね、と最初に言っちゃうわよ(笑)

魔女はデメリットやマイナスの行為も多いですからね。お話を伺っていると

メイコさん

そうなのよね。触媒として小動物や虫は普通に使うからその辺に慣れてもらうことと、いわゆる澱みとか人の黒い部分に触れることになるからそこも注意なのよね

光の魔女的なものではないですものね

メイコさん

ファンタジー要素は捨ててもらったほうがいいわね。あとは日本だと魔女ってカテゴリがないからヨーロッパかアメリカのほうに来たほうがいいと思う。南米とかだと魔女の能力に他のことを追加して自然現象を動かしていく祈祷師(シャーマン)とかもいるからね

シャーマンとかは本当にいるんですか?やっぱり

メイコさん

魔女でも相当ランクが上がってる人なんかだと天候や気象とかの予想ができるからそれでシャーマンになってる人もいるわね。すごい人だと無理やり天候を変える人とかも過去には存在したみたいだし

過去の歴史なんかも大事ですか?

メイコさん

なんで魔女狩りが起きたかとかは理解しておくことがいいかな

魔女はなぜ魔女なのか、霊能者との違い

海外では魔女を取り上げるバラエティーや、行方不明者の捜索や事件の解決を仕事として請け負う霊能者や魔女が多くいます。
日本ではあまりないこの状態を含めて魔女と霊能者の違いを今回は聞いてみました。

メイコさんから見た魔女と霊能者の違いってどんなものですか?

メイコさん

マイナスの行為、呪いとかもしっかりと仕事として請け負うことができるのが魔女って部分にはなってくると思う。ここが日本とは違うのよね。日本は霊能者は常に相手を諭して真理に近づけようとする部分が大きい。でも魔女もだけども海外の霊能者は霊的なものに対しての駆け引きもするのよ。無理に排除しなくても双方にいい条件で合意できるならそれでいいと思える部分も出てくるからね

他にはありますか?

メイコさん

料金設定をしっかりとする部分も日本と海外の霊能者の違いになってくるかも。こちらも仕事として生業にしてるわけだから無償で何とかしてほしいっていうのはおかしなものなのよ。霊的な能力は生まれ持ったものだから元手はただでしょ?っていってくる人もいるけれども、たとえ先天的なものであっても物になるまでは修業が必要だし、その修行だってただで受けれるわけじゃないのよ?

ですよねえ、日本はボランティアも含めて奉仕精神が大事という人も多くて

メイコさん

私や恵子さんは透視や霊視ができちゃうから、相手の心の中が読めちゃうのよね。あなたは嘘をつかないから読まれてもそこまで困ることはないだろうけども、読まれて困る人が圧倒的に多いわね

(笑)

メイコさん

なので、透視とができるようになった際に自分に対する本当の気持ちを読んだりすることになるけど”気持ち悪い“”うさんくさい“”偽物なんじゃないの“くらいは普通に思われるからそれくらいで落ち込まない。これは霊能者全般に言えることになるわね

だと、魔女独自のものとかはありますか?

メイコさん

基本的には霊能者という枠の中に魔女という種類があるのよね。違いはそこまで極端にはないの。ただ、マイナスの能力が強い場合には魔女の素質があるわね

素質、ですか

メイコさん

自分が嫌だなと思った相手にちょっと良くないことが起きたり、そういう能力がある人は魔女の素質があるわね。その素質を上手に使うことで特定の相手に対する呪いや呪術を使えるようになるの。無意識で行うことを意識的に行うことで大きな違いは出てくるわね

だと、メイコさんはそっちもあった感じですか?素質的な

メイコさん

私は素質よいうよりも適正ね。汚れ仕事もそこまで嫌じゃないことと、呪術とかを覚えるのも早かったことが魔女としての適性になった感じ。魔女そのものの才能よりも適正でも魔女にはなれるのよ

才能よりも適正

メイコさん

才能は必ず開花するわけじゃないのよ。あなたのように才能よりも適正で仕事をしてる人にはわかりやすいと思う

納得しました

メイコさん

魔女を仕事とするならば適正はすごく大事よ。ただ、他の霊能力系の人よりも人の暗部を見ることは多くなるけれどね

違いはそこまでない感じですよね

メイコさん

そうね。霊能者で、呪術も使うのが魔女くらいの感覚でもいいかもしれない

日本だと呪術っていうと陰陽師とかそういうイメージですね

メイコさん

あれだって魔術だからね。古来より日本はそういうものがあるのにいつの間にか消えちゃったのももったいないわね

逆に魔女の適性はどの部分を重視しますか?

メイコさん

ちょっと真面目な部分だと、霊能力がどこまであるのか。今後鍛える予定があるのか。その際に弟子入りできる人がいるのかどうか。霊能者としての活動をしたいのか。能力をどのようにしたいのか。人の暗部に触れることに拒絶がないか。この辺を私は重視してる。特に霊視や透視で心が読める部分まで来てる人だと人の暗部を見て自分をどこまで保つことができるのかはすごく大事になってくるのよ

きついですよね……

メイコさん

何人もの才能のある人が去っていったのよ。ほとんどが優しいひとだった。人から拒絶されるのに耐えきれなくて霊能者をやめた人も少なくないのよ。霊能者として仕事をしている人は大なり小なりそういう部分を乗り越えてきている。私は基本的に癒し系の霊能者は少ないと思ってるの

と、いいますと?

メイコさん

波長や波動がある人の場合は癒しという言葉を使うのかもしれないけれども、それは正しい表現にすると安ど感を得たになるのよね。この人は頼れる、この人になら任せることができる。それで心がほっとしたから癒されたという表現になるんだと思う。単純に癒すだけならカウンセラーとかのほうが癒しは大きいわよ。残念なことにそういうカウンセリング能力が高いことを利用して霊能者として名乗ってる人もおおいけれどもね。そういうのはあとで自分につけが返ってくるからあまりお勧めはしない

遠隔ヒーリングとかはどう思いますか?

メイコさん

思念伝達とかオーラ修正とかでしょ?まあ、ちゃんとできてる人ならいいと思うけど、霊能者でもない人がやってもただの思い込みだからね。本当に遠隔ヒーリングができてる場合だと通話や会話だけでもできるからね。そのために何十分も時間をとるとかはないかな。むしろ十分な時間を使うときにはタッチヒーリングとかのほうがいいもの。対面してしっかりと相手の体や手に触れてこちらの念や魔力を送りこむ。効果もそれなりに高いし、終わった後に体に変化も出てくるからね。遠隔の場合には5分~10分程度で十分じゃないのかな?

なるほど

メイコさん

あなたの心中から読むとだけど、そういう時間稼ぎをする人をどう思うか?に関しては能力が未熟なのかあまり特化してないかなんだと思う。時間を稼いで信頼を得ている。こんなに自分のために一生懸命に行ってくれているという部分での信頼よね。でも、的中率はどうなの?ってなってしまうのも事実なのよ。本当に力がある人は基本的に占いならば30分程度で1個の悩みはほぼ解決してくれる。相談する側が次々に問題をだしたり話し相手が欲しいとかでなければ早ければ10分もあれば十分て人も多いわよ。それは魔女も同じ。対面すれば悩みはわかるし、電話でも悩みは大体特定できる。あとは何をどうしたいのかだけを聞いて希望の結果につながるようにするだけだから

先読みされてしまった!

メイコさん

ちょっと魔女っぽいでしょ(笑)

はい(笑)

メイコさん

先読みだけでもできれば日々の生活や仕事の際には呑み込みの早い人って認識になると思うの。もしかしたらそういう人が周りにいるならば魔女になれる人だったのかもしれないわよ?

海外での活動を視野に入れる

魔女としては適性のほうが大事という部分もですが日本では認識されにくいのもこの適正が大きな部分になっているといいます。
日本人でもメイコさんをはじめ魔女としての活動の場を海外に見出してる人が少なくなく、魔女になるならば国内よりも国外のほうが理解は深いという部分があるそうです。

魔女になりたい人は海外進出の方がいいですか?

メイコさん

最終的には今のままの日本なら海外に行かざるを得ないと思う。日本だと魔女としてのコーチができる人がまずいないのと、異質に対する迫害がひどい。かつては魔女裁判とかもあったけれどもあれは特殊なものと異質を排除したい時代の流れもあったと思うの。現在だと魔女がFBIの操作に関与したり、未解決事件を解決に導くことも少なくはないのよ

日本でも海外の霊能者を招いて透視してもらう番組とかありますものね

メイコさん

基本的にああいうのは国内の霊能者のほうがよりしっかりと見えると思うし、言葉の壁もないからいいと思うのよね。でも、的中してもしなくても、迫害される側になってしまうから国内の霊能者が静かなんだと思う。ネットとかでも総攻撃されるでしょ

ですね

メイコさん

でもね。嘘って思うかもしれないけどもネットに書いてる野生の霊能者とかは確かに存在するのよ

!!

メイコさん

ふとした書き込みの中に本物の霊能者が霊視したものとかあるわよ。それこそ、ツイッターとかにも

ツイッターにもたくさん占い師さんとかいるんですか?

メイコさん

未熟な人もいれば、そういう能力を明示したくないから匿名で能力が鈍らないようにネットでの鑑定を行ってる人もいるわね。この人たちは匿名だからこそできる自分での修業を積んでる感じになる。でもこれも現代の方法としては悪くないと思うわ

匿名だからこそできるものですよね

メイコさん

そうやって適性を感じたら魔女や霊媒師になればいいと思うのよ。いつだってなろうと思えばそういう人はなれるからね

仕事としてやっていくには匿名は難しいですものね

メイコさん

霊能者でも日本では顔出しで活動するのは大変だもの。だから恵子さんみたいな野生のプロも多くなっていくんだと思う。恵子さんなんかこっちにきたら大御所クラスでしょ

恵子さん

そんなことないでしょ(笑)

メイコさん

あんたの能力は色々と桁外れなのよ(笑)
海外はフェイスブックの浸透もだけれども匿名ではない部分も大きいのよね。あとは霊能者も実力さえあればすぐに占いやそのほかのところに所属することができるので職業として占い師、霊媒師、霊能力者、預言者みたいに区分ができていくのもいい部分なのよね。組織という後ろ盾ができるとそれだけでも安心できるから能力を純粋に磨くこともできる。それから独立してもいいし

そういう企業的な組織があるのはいいですよね

メイコさん

協会とかもあるからきちんと所属することで保証を得ることもできる。そうすればよりクオリティの高い仕事にもつながっていくのよね。日本にはこういう部分がないから最終的に魔女になるなら海外に来ることになるっていうのはこの部分かしら

日本にもできればいいんでしょうけれども

メイコさん

占いは組織化してるけどもまだメジャーではないでしょ。日本の場合はメディアが霊能者のマイナスの部分を大きく取り上げるのも問題よね。偽霊能者や偽占い師、それらに対する依存のマスメディアの偏向はこっちでもたびたび話にはなるのよ。そういう部分が日本の霊能者や魔女の候補たちを減らしていく一端になっている、と

諸外国は南米とかを含めても呪術的な部分に対する理解は大きいですものね

メイコさん

予知ができても当たれば攻撃、当たらなくても攻撃されるならみんな口をつぐんでしまうわよね。そういうのを変えていかないと魔女になりたい人もだけども、霊能者として活動したい人は海外に移動するも視野に入れていくことになるわ

英語とかできたほうがいい感じですか?

メイコさん

できたほうが日常生活には困らないわね。魔女や霊的な部分をみるならば霊視や透視がある程度できれば心中を読むほうで理解しちゃうからね。それができるかどうかも霊能力が本物かどうかとしてもいいかもしれない。海外の人の心中を読めるならば透視や霊視はある程度のラインまで引きあがっているといってもいいわね

基準を確かめるにもいい感じですね

メイコさん

半年もいれば日常会話は嫌でも覚えるようになるわよ。そうしないと生きられないからね。英語ができたほうがいいことに越したことはないけど、できなくてもあとで身につくことがほとんど。特に専門用語とかは英語でも理解できない部分が多いから、実戦で学んでいくほうが多いわね

魔女が職業にするまで

メイコさんは魔女を職業にしています。
そこに行きつくまでを少し聞かせていただきました。

魔女を職業にするまではどうだったんですか?

メイコさん

最初は協会で魔女の公認をもらったのよ。占術氏としての認定ももってるけれどもね。これで一定水準の霊能力があるという保証を付けてもらえたので、そのあとに協会に協賛している占術氏の組織に属したの。そこで数をこなしていって自分の能力を特化させていったかな。

組織にはどれくらいいたんですか?

メイコさん

10年もいたかどうかかしらね。早めに一人でのんびりやりたいのもあったから自分のお客さんをある程度つけてから家を安く買って、一人で始めたの。もちろん最初は兼業よ。アルバイト的な仕事もしながらフリーで霊能者や占いでやってたんだけども、他の人との差別化で魔女を前面に出すようにしたのよね。それから魔女的な仕事が増えてきたわ。蟲毒を使った縁切りやら相手を不幸にしてほしいという願いやら。そういうものを受け止めて仕事としてこなせるようになることと割り切ることが大事だからね。最初は私もすごく傷つくこともあったけども、仕事としての線引きをしっかりできるようになってからは楽になったかな

修業、企業に所属、独立なんですね

メイコさん

流れとしてはそうなるわね。でもそれが一般的かしら。魔女だけどもそれ以外の仕事や占いとかもできるからその部分としては協会の認定を持ったのはすごくよかったと思う。占いをきっかけにほかの仕事もという人が多いからね

職業にするまではどれも大変なんですねえ

メイコさん

日本でもそうだとおもうけれども、占いなら占いだけでもいいと思うの。できることが増えるとそれに準じた負担も増えてくるからね。無理をしないで自分の能力をフルに使えるという部分としては海外はすごくいいし、霊的なものや魔女、退魔師、霊媒師に興味があるなら海外旅行とかで占いの専門のところに少し触れてみるといいのよ。協会はそういう人に対しても門戸を開いてるし、霊的なものがなくとも霊媒師や占い師にはなれることもおおいのよ

占術って学問にもなってますしね

メイコさん

必ず霊視や透視が必要じゃないのよ。むしろ、学問としてしっかりと占いを納めて占い師になってる人の的中率は生半可な霊能者よりもずっと高いのよ。私の友人にもそういう占い師は多くいるわよ。しっかりとした計算の確立っていうのはずれることがコンマ単位になってくるのよ。霊能力に並んでいるといってもいいと思わない?

思います

メイコさん

日本でもメジャーな占い師とかだと確立をよりしっかりとしてる人が多いでしょ。霊能力だけがすべてじゃないから、どうしても占い師やそういうものになりたい人は学問として学んでもいいと思う

占いも奥深いですものね

メイコさん

日本で発行されてる占いの本の多くが確率論での学問としてのものだからね。ああいう数字のものを理解できる人は占術とか向いてると思う。逆に数字からさらに奥のことを読み取れたりする場合にはそれは能力があるって考えて問題ないし

黒魔術とかも学術になりますか?

メイコさん

あれはほとんどファンタジーの世界ね。魔女もだけども霊能者でも概要をつかむのに確立論はつかっていくからね。学ぶなら占術と統計、あとは気象学とかもあっていいかもしれない。これは自分の気質とかをつかむためのものになってくるけれども

学問としてとらえていくことも大事になってくるんですね

メイコさん

占術って古代史ではきとんとした学問として認識されてる歴史もあるのよね。そこを考えて魔女になるかどうかを選んでいってもいいと思うの。占術師のほうがベストの人もいるからね。日本だと魔女的なものとして陰陽師もあったけども、陰陽師もほとんど断絶されてるからね。それを考えても海外っていうのもいい選択になってくると思う

学ぶ深さと大きさがありますね。今回もありがとうございました

メイコさん

はーい。またどうぞ