旧正月までにできる厄落とし

年末年始にあまりいいことがなかった。そんな時に簡単にできる厄落としを今回は恵子さんに教えていただきました。

2021年の旧正月は2月12日になり、この期間までに年末年始の厄落としをしたい人におすすめの簡単なおまじないになります。

①お猪口に塩を一つまみいれる
②そこに地元の清酒を注ぐ。地元から離れている人は住んでいる町や地元のお酒のお取り寄せでも問題はありません。
③混ぜずにそのまま飲む。お酒が苦手な人は指をお酒につけてなめるだけでもOKです。

これで体内に残った厄を外に流しだす効果があるとされています。

お酒を注いだ際に塩とお酒が混ざることが大事であり、自分の指などで混ぜるなどはNGになります。
1度で十分ですが気になる場合には期間内に多くて5回までは問題なく行えます。
5回目以降は効果は変わりません。

味はあまりおいしいものではないので無理のない範囲で取り入れ、2021年をすっきりと動かしていきましょう。