海音先生のスペシャルインタビュー

タロット占い、スピリチュアルセッションであなたを明るい未来へと導く海音先生。

インターネットラジオのパーソナリティーに、ライター業に、占い師以外でも精力的活動し多忙な日々を送る先生の、これまでのご経験や、最近のご活躍についてお尋ねいたしました。

では先生、自己紹介をお願いします
占い師名:海音(かのん)
70~80年代のオカルトや占いブームのなかで子ども時代を過ごし、自然と占いの知識を身につけました。

2000年に沖縄に移住し、お守り作りやスピリチュアルセッションをはじめ、地元・福岡での活動を経て、2012年に東京に拠点を移し、占い師、スピリチュアルカウンセラーとして活動中です。

電話鑑定、チャット鑑定、メール鑑定を主軸にしながら、都内近郊~全国各地でのイベント出展、出張鑑定で対面鑑定を行っております。

本業の傍ら、インターネットラジオで自らの番組を持つパーソナリティー、占い師目線やスピリチュアル目線のコラムを執筆する占い師ライターとしても活動しています。

パーソナリティを始めたきっかけは、リスナーの皆様やお客様にゲストの方の活動を伝えすることで、視野を広げて色々なことを考えるきっかけになればいいなと思ったからです。

占い師ライターとして活動してる理由は、時間が限られたセッションの中ではお悩みを解決するためのお話に終始してしまうため、セッションではお伝えできないスピリチュアルな視点からの物事の考え方や捉え方、そして私自身の事も知っていただきたいからです。

プライベートでは気ままな一人暮らしを満喫し、全国各地の神社仏閣や海に出かけています。

占い師名は、大好きな海の音をそのまま名前にしました。

このお仕事をはじめたきっかけは何ですか?
沖縄に移住した後、天然石や塩でお守りとアクセサリーの制作と実演販売をしていました。

そのときに何故かお客様から「占ってください。」とお願いされることが多く、時間があればご相談に乗っていました。

その一方で、子どもの頃オカルトや占いブームの中で育った私は小学5年生のころからずっとタロットを手放さずにもっていました。

そこから、タロット占いやスピリチュアルセッションが主軸になっていきました。

得意な占術を教えてください。
①霊感霊視鑑定とエネルギー調整
お客様のお名前と年齢とご相談内容をお聞きし、そのときに感じたものや降りてきたメッセージをお伝えさせていただきます。

さらに、会話をするなかでより深く鑑定していきます。
そして、状況改善のためのアドバイスとエネルギー調整をさせていただくのが一番得意なセッションです。

②霊感タロット
カードリーディングが好きなお客様やツールがあった方が分かりやすいというお客様のために、霊感タロット占いも承っています。

対面鑑定のときは、スプレッドを見ながらタロットの世界から視えてくるメッセージをお客様と一緒に読み解いていきます。
私とお客様とタロットの三者会談みたいな感じですね。

電話やメールなどのときは、ご要望があればお客様に出たカードの解説をしますが、そうでない場合は私がタロットリーディングをしながらセッションを進めていきます。

海音先生のタロットカード
タロットリーディング中の海音先生
得意な相談内容は何ですか?
①恋愛相談
一番多いご相談は「恋愛相談」で一番得意としています。

②スピリチュアルカウンセリング
恋愛などの「悩み相談」ではなく、その方の人生をスピリチュアルな視点から読み解いていくスピリチュアルカウンセリングも得意分野です。

どのような相談者が多いですか?
20代~60代までと、幅広い年齢層の女性のお客様がいらっしゃいます。

私自身が寄り添うだけの鑑定ではなく、行動のアドバイスや場合によっては方向転換も提案したりするので、リピーター様は自分で状況を変えたいという前向きな女性が多いです。

厳密に言うと、最初は前向きじゃなくても段々と前向きになっていきます。
また、その方のガイドから導かれたとしか思えない不思議なタイミングやご縁でいらっしゃるお客様も多いです。

 

鑑定のときに心がけていることや、気を付けていることはありますか?
フラットに鑑定することを心がけています。
実はエンパス体質なので、お客様の辛いお気持ちや願望は痛いほど伝わってきます。

だけど、そこに流されて鑑定結果と異なることを伝えてしまうのは一番してはいけないことだと考えています。
そのため、鑑定結果をそのままフラットにお伝えすることを心がけています。

ただ、その先のアドバイスやフォローはお客様の気持ちに寄り添ったものでありたいと考えています。

印象に残っている鑑定エピソードは何ですか?
たくさんありすぎて、どのエピソードにするか悩みましたが・・

イベントに、タロット占いで出店していたときのお話です。
ある会社の仲良しグループ5人組でいらっしゃってた方々を続けて鑑定させていただきました。

ホロスコープスプレートで占いましたが、5人のうち4人が職場環境を表す6枚目の位置に同じ「世界」のカードが出ました。
「世界」は、物語のハッピーエンドを表すカードです。

お姫様と王子様が結婚して、これから新しい幸せが始まるときというイメージですね。
一番最初に鑑定させて頂いた方に
「職場で色々あったかもしれないけど、今から先の職場は発展しそうですよ。」
とお伝えすると
「色々とあってやっと解決したばかりなんですよ。」
ということでした。

そして皆さんの話を総合すると、実は会社の存続の危機になる大変な出来事を乗り切ったばかりの状態でした。
そこで会社のトップが変わり、従業員の皆様の団結も強まって「これから頑張って盛り上げていくぞ!」という状態だったんです。

ただ、5人目のお客様を占った時に出た6番目のカードは「死神」でした。
「死神」は、終わりと始まりを表します。
例えるなら、中学校を卒業して高校生になる状態です。

なので
「今までの経験を踏まえて、これから方向転換をするようなことはありますか?」
とお聞きすると、この方は 1ヶ月後に退職し転職することが決まっていました。
もちろん円満退社で他の皆様と仲が良いからこそ一緒にイベントに遊びに来ていたんですけどね。

「皆とのつながりはこの先も続けたいけど、仕事は自分の思う道を進んでいきます。」
とのことでした。

タロットは、お友達同士やご家族や恋人など親しい方を続けて占うと不思議とシンクロしたりリンクする部分が出てきます。
それでも、ここまではっきりした形で出てくるのは珍しく、面白いなと思ってとても心に残っています。

相談者には、どのように鑑定に臨んでほしいですか?
占いやスピリチュアル鑑定は「鑑定して自分が行動するまでがセッション」だと思っています。
子どものころの遠足で「おうちに帰るまでが遠足です。」と言われたのと同じです。

悩みを話したり鑑定結果を聞くだけでも気持ちが落ち着くことはあります。
だけど、そこからさらに良い人生にしていくために行動するというところまで頑張ってみようと決めて、鑑定に臨んでいただけると嬉しいなと思って鑑定しております。

本人にはどうしてもハードルが高い行動もあると思います。行動まで至らない(セッションを完了しない)まま再度鑑定を受けるのは、やめた方が良いですか?
その年の運勢判断のような鑑定とは違い「悩みごと相談」のための占いは、解決するまで短期集中的に鑑定を依頼されるお客様がいらっしゃいます。

そして
「どのくらいの頻度で鑑定したらいいですか?」
「何も変わってないのは分かってますが、どうしても聞きたくて。これって占い依存でしょうか?」
など鑑定の頻度について聞かれることも多いです。

そんなときは、まず
「基本的には、何か行動して状況が変わってからというのがベストですよ。」
とお伝えしています。

ただ 、その行動の中には「何もしないこと」というケースもあります。
動けば動くほど、追えば追うほど状況が悪化してしまうこともありますよね。
なので、アドバイスとして「しばらくは何もせずに静観してください。」とお伝えすることがあります。

また、お客様の精神状態や状況によってはなかなか行動ができないこともあります。
普段は走れるけど、ケガをして走れないときがあるのと同じです。
悩みが深いときや精神的にダメージを負っているときは、頭では分かっていても行動に移せなかったりします。

なので、そういう方には
「状況は変わっていないかもしれないですが、それでもよろしければ鑑定させていただきます。」
と許可を得てからセッションを行っています。

鑑定の内容は、その時点での状況判断になります。
前回鑑定したときと今回で「状況がどう変わっているのか、もしくは変わっていないのか」と「お客様の気持ちやメンタル面の変化」を視させていただき、それにそったアドバイスをしています。

人に話すことで気持ちが楽になることもあります。

身近な友達じゃないからこそ安心して話せることもあるので、占い師という職業はその受け皿でもあると思っています。

そして、話をして気持ちが楽になることを繰り返しているうちにある日突然気持ちがふっ切れて行動に移すことができるときがやってきます。

これまでそういうお客様をたくさん見てきているので、安心してご相談にいらしていただければと思います。

良くない鑑定結果が出た場合、相談者にどのようにお伝えしていますか?
アゲ鑑定はしないので、できてきた鑑定結果は率直にお伝えします。

その上で「どうしてそのような鑑定結果が出たのか」をお伝えしています。

そこまでを聞いてお客様自身が「どう感じたのか」と「どうしていきたいのか」をお聞きして、より良い選択をするためのアドバイスをさせていただいております。
人の気持ちや状況は変わるものです。

占った時点での状況を正しくお伝えすることが状況改善の第一歩だということも、説明させていただいております。

占い師としてのやりがいを教えてください。
占いを生業にしている皆様が同じことを感じていると思いますが、私もお客様に喜んでいただいたときが嬉しいです。

そして、お客様が自分のガイドの存在をしっかりと感じてくれたときが一番嬉しいです。
私のセッションはお客様のガイドと私のガイドの協力があって成り立っています。

そして、何よりもお客様が自分自身の人生をより良くしていきたいという気持ちがあってのものです。

なので「当たっていました。」とか「先生のアドバイスでうまくいきました。」とおっしゃっていただくことも本当に嬉しいですが、それ以上にガイドからの大きな愛をお客様と私が体感できることが何よりの喜びだと思っています。

そういう体験をさせてくださるお客様、お客様と私のガイドには本当に常々感謝しています。

それは、ガイドからの大きな愛を感じるセッションができたら、お客様のその後の人生にも良い影響を及ぼすことができると思っているからです。

人生は長いのでいろんなことがありますが、ガイドからの愛を体感した方は何か問題が起きても自分自身やガイドを信じて乗り越えることができます。
なので、お客様とガイドをしっかりつなげるセッションをしていきたいと思っています。

※ガイドとは
ここでいうガイドは、守護神、守護霊、先祖霊、ガイドスピリットなど目に見えない世界の総称とさせていただきます。

最後に読者にメッセージをお願いします。
占いやスピリチュアル セッションで降りてくるメッセージは、お客様のガイドからの愛のメッセージです。

人生は、良いときもあれば悪いときもありますが、どんなときでもガイド=目に見えない尊い存在がそばにいて見守ってくださっていることをセッションをとおして感じていただきたいと思っています。

先生、今日はどうもありがとうございました!

先生のホームページはこちらです。

ネットラジオのパーソナリティーを務めるだけあって、元気で明るい先生ですね。

いま悩みで身動き取れないあなた。
海音先生のスピリチュアルセッションを受けて、行動に移すきっかけをつかんでみませんか?