現役イタコに直撃インタビュー!現代の呪い返しとは!?

心霊系の本などでよく見る呪い返しという言葉、現代では少し形を変えたものとして出てきています。
今回は現役イタコの恵子さんに呪い返しのお話をインタビューしてきました。

現代の呪い返し①

よろしくおねがいします

恵子さん

はいよろしく

今回は呪い返しを聞きたいのですが

恵子さん

いくつかあるわね

初心者向けのからお願いします(笑)

恵子さん

うちの孫のとかね

え!?あの幼稚園の

恵子さん

そう。その孫よ

※恵子さんのお孫さんは普通のお子さんであり、霊的な能力などはありません。
また、恵子さんがイタコであることなども大きく公言はしていないのでイタコであることを知らない人も多くいます。

お孫さんってまだ小さいですよね。なのに呪い返しですか?

恵子さん

小さい子っておまじないとかすきでしょ

好きですね

恵子さん

で、幼稚園でおまじないがはやってね。その中の一つを孫が持ってきたんだけどもこれがあまりよくないものだったのよ。石をつかったやつなんだけどもね

※おまじないは本来「お呪い」とかきます。一般的にはあまり知られていない方法のお呪いを小さい子が行った場合、思わぬ強さになることがあるそうです。
子供さんが純粋であることを利用した一種の吸収効果のあるお呪いであり、お呪いを準備した人がその効果を得ることができるというものが今回のお呪いでした。
内容は公表できませんが、悪意のある人が子供さんを利用してお呪いを実行させ、その効果を総取りしている、と考えていただければ幸いです。

恵子さん

で、孫がそのおまじないでつかった石をもって帰ってきたのね。もって帰ると良いことがあるって聞いたから

あらららら

恵子さん

子供の家族のエネルギーも吸収するためなんだとは思うけども、ちょっと良くないわよね。だから私が孫が寝た後にその石を割ったのよ。割れば効果は無くなるからね

恵子さんのような人がいるところでよくそんなことできましたよね

恵子さん

私みたいのがいるほうが予想外だと思うわよ

どうなったんですか?

恵子さん

孫には石はどっかにいったって形であれしたんだけども、私も気になったから翌日の幼稚園のお迎えは私がいったのよ

はい

恵子さん

顔に出るかと思ったけども、腕にでちゃったみたいでねえそのおまじないの持ち主の

通常は顔に出るんですか?

恵子さん

でもないけども、顔が多いわね。でも今回は腕で相当痛かったみたいねえ

差支えない範囲でどなただったんですか?

恵子さん

園児の保護者さんだったわね。で、少し聞いたら自称霊感のある人でこっちに引っ越してきた人みたい。引っ越してきたのもその霊感的なトラブルっていってたけども多分、似非霊能をやってしまって居場所失くしたんじゃないのかしらね。ただ、やってるお呪いはそこそこの効果だったからどっかでそういうのを詳しく調べたんじゃないのかなあ

怖いですねえ

恵子さん

自称ってのは本当に面倒なのよ。お呪いみたいのも繰り返すことでよくないことが起きやすくなるし、おかしなものだって依ってきやすくなる。またやるようなら同じように返していくけどもね

お孫さんや他の園児さんに影響はなかったんですか?

恵子さん

そこまで目立つものはなかったわね。これで懲りてくれるといいいんだけどもね

この一件のあと、幼稚園でのお呪いなどはブームが去ったそうです。
身近なところでのブームや簡単な物などは試してみようという心理も働くので危険な状態になることも多いということでした。
雑誌などに乗っているものはほとんどが効果の薄い遊びのようなおまじないらしいですが、ネットなどには稀に強力なお呪いなどを簡略化したものなどがあり、注意が必要ということでした。

現代の呪い返し②

他にもありますか?

恵子さん

電話で鑑定してたときに相手に返ってしまったとかあるわよ

お願いしてもいいですか?

恵子さん

遠方の人でこっちまで来るのが難しいって人でね。電話で見てたのよ

はい

※恵子さんは基本的には対面での鑑定を行っています。ですが、距離的に対面が難しいなどの場合には電話を利用しての鑑定を行っています。
電話での鑑定は対面鑑定よりも少し時間がかかるそうですが、鑑定や除霊なども対面と差異なくできるとのことでした。
電話占いなどのイタコや霊能者の除霊なども同じだと考えてもいいかもしれません。
降霊や守護霊との対話を希望した際に占い師に少し時間がかかるという場合には対面ではないという部分があると考えてもいいでしょう。
実際に恵子さんが電話での鑑定をしてる場面に立ち会わせていただきましたが透視、霊視はもちろんですが除霊などもしっかりと行われていました。

恵子さん

相談内容は何ともいえない不快感が続いていて原因がわからない。医者に行っても異常とかがないと言われてしまうというもので、ほかの相談者に私の事を聞いてコンタクトをとってきて感じなんだけども

はい

恵子さん

お話させてもらった感じでわかったのは誰かに恨まれていることで、とりつかれてるっていうやつだったのよね。大体私に来る相談ってこういうものなんだけども

そうですね

恵子さん

何か憑りつかれているっていうと、悪霊とかそういうのを思う人が多いかもしれないんだけれども実際に多いのは誰かの悪意が形になったものや生霊とかなのよね。むしろ死者で憑りつくっていうのはよほどの物だと思う。だから死者に取り付けれると大変なことになることが多いのだけれども

納得がいきますね

恵子さん

死んでなお残ってる気持ちなのと、場合によっては恨みを成就出せて誰かを不幸にするために死を選ぶ人もいるからね。そういうのは私ではどうにもできない場合も多くてね。断ることもあるわよ、自分にも大きな反動がくるものとかはね

恵子さんが断るって相当じゃないですか

恵子さん

そんなことないわよ。断るときは断るもの

で、その電話での相談者さんはどうだったんですか?

恵子さん

私が見た部分でわかったのは恨みを買っている。身近な人に恨まれている。って部分だったのよ。だからその憑りついている者を祓えば当然だけども……

元々の発信元に返るから、身近であればすぐに特定できる

恵子さん

私にはその時点で誰なのかも大体わかっていたんだけども、身近な人が自分に対して悪意をもっているって嫌じゃない?

ですねえ……

恵子さん

だからあえて言わないでいたんだけどもねえ

どうなったんですか?

恵子さん

電話でお祓い始めたら少しして電話口から悲鳴みたいのが聞こえてきたのよね。最初はいつもの私にだけ聞こえるものだと思ったんだけども、電話口で相談者の人がどうも家の中で誰か何かになってるみたいだって言い始めて一回電話を切ったのね

…………………

恵子さん

同居してる義理のご家族がね、やってたみたい

いたたまれないですね

恵子さん

身近だからこそね。いろんな嫉妬が出るんでしょうね

なんで相談者さんは恨まれてたんですか?

恵子さん

それこそ、人は自分にないものがあるだけでも嫉妬するでしょ。若さやお友達がおおそう、なんだか楽しそう。それだけでも恨みにつながるのよ

うらやましいって思うことはあってもそこまではならないですねえ

恵子さん

この相談者さんはね、いわゆる実家暮らしのひとでね。で、お兄さんのお嫁さんが恨みをこの人にぶつけていたの。邪魔な妹、自由に楽しそう、私は楽しくないのに!だったんでしょうね。呪い返しって言っても元々もがそこまでひどくないから軽く返った程度なのよ。それでも身近な人ってだけで十分なダメージを双方が心に負うことになるけども

呪い返しとして意識しなくても返るものになるんですか?

恵子さん

私の場合には憑いてるものを剥がしてるだけというのもあるけども、剥がれたものはその辺の放置とかに放置して良いものでもないからね。だとどうしても帰る場所ってのは発信元になってしまうの

本来は相手から戻ってこないのが呪いですものね

恵子さん

そうなのよ。でも、何らかで呪った相手がそれをどうにかできる人物に相談した場合には返ってしまう。その時のことは考えてないからね

来た時よりも強いもので返ってしまうっていいますよね、呪い返し

恵子さん

そうなんだけどもちょっと違うのよね

と、いいますと?

恵子さん

呪い返しという形にはなっているけども来たものを戻しているってまずあるのよね

はい

恵子さん

で、そこで戻るものの状態がどうなっているのかって部分なのよ

あー!

恵子さん

来た時よりも手負いの状態には当然だけどもなってるし、その状態は祓った人間によって変わってくるのよ

となると……

恵子さん

強い霊能者が動かなければいけないほどのものを返したらどうなるかしら?

とんでもないことになりますね

恵子さん

しかも、ダメージを受けてるからそれを回復させるために元の発信元からエネルギーをとる必要が出てくるわね

!!!!!

恵子さん

だから呪い返しなんていわれるんだろうけれどもね。実際には返されたものが回復の為にとる行動の場合がほとんどでね。なんとなくはわかるかとは思うんだけども

ダメージが大きなものであればあるほど、大きな呪い返しになる

恵子さん

それなりに強いものを誰かに向ければ、返ってこざるを得ない状態になるにはそれなりに大きなダメージになる。そういうことがおおいのよね

※呪い返しはきたものを返すことが基本であり、その際には無傷ではないので呪い返しが起こることが多いそうです。傷を負えば当然ですが回復が必要になってきます。大きなけがを負ったさいには回復まで時間がかかるように、怨念や呪いなども本来の状態に戻るためにはエネルギーが必要になるということでした。そのエネルギーの供給元になるのが呪いをかけた発信元になるということです。
また、呪いなどが成就した際には呪われた側がエネルギーの供給元になるので呪った側は無傷のままになります。
呪術などを行わなくとも、強すぎる嫉妬なども同じような悪いものを引き寄せてしまい結果として呪いの様な状態になってしまうこともあります。
その場合にも発信元に返ってしまうということが起きます。

相談者さんはどうなったんですか?

恵子さん

相談者さんの霊障はおさまったんだけども、実家の方の家庭環境はあまりよくなくなってしまったのよね。そのお嫁さんは相談者だけではなく他の人にも同じように強い嫉妬をもっていたから私が払ってしまったことで他にも影響が出てきてしまって

そんなこともあるんですか?

恵子さん

一つが欠けたら他でカバーするのと同じことが起きちゃったのよね。このお嫁さんも元々思い込みが強いのと若干の霊媒体質ではあったんだろうけども……悪い方向に全部合致してしまったというか

でも、私もうらやましいなあとか思うときはありますよ

恵子さん

あなたの場合は思いをコントロールできるのと、そうじゃないときは本当に理不尽だったりよほどの事でしょ。そうじゃなくもう常に自分の思い通りにならないのがおかしい!ってなってしまうと自分ではどうにもできないのよね

人の悲しい部分ですよね

恵子さん

ほとんどの人はこうはならないんだけれどもねえ。なってしまって一回でもうまく事が運んでしまうとはまってしまうのはあると思う

相談者さんからはその後連絡などはありましたか?

恵子さん

お嫁さんはお嫁さんの実家に帰られて離婚になったらしいわ

呪い返しが原因ですか?

恵子さん

というよりも、悪いものがしっかりと守る役割もしていたんでしょうね。それがなくなったから今まで媒体になっていたお嫁さんに手出しのできなかった別の悪いものが来てしまったという感じかしら。だと、普通の生活は大変かもしれない。それこそお寺とかに住むしかなくなる。そうならないように普段からストレスとかは小出しに発散しないとダメってのはあるわね。ため込む人とかは特に

納得できます

恵子さん

お酒飲んで酔っ払うとかも結構大事なものなんだけどもね。ゲームとかでもいいし何かしらの発散できるものは大事なのよ

相談者さんの心が心配ですね

恵子さん

身近な人がこうだとつらいわよね。たまたまそうだったということにはなってしまうけれども。滅多にないとは言えないのよね。わりとよくあるから

切ないですね

恵子さん

イタコをはじめてからそういう人の悪意を見ることが多くなったわね。だから自分に対して良い感情をもってない人には近づかなくなったわね

ですね

恵子さん

でもいまはそういう悪意に対して悪意をネットでぶつけることができるでしょ?そういう相談も増えてきているのよ。本当に時代に合わせていろんなもの変わっていくけども、対面から電話での鑑定とかが増えてる様にイタコの形とかもかわっていくのかもしれないわね

スマホみんなもってますからね

恵子さん

私もだけども、どこかに所属してない人はネットに書かないでほしいってのは徹底してると思う

ですね。お世話になってる人は大体ネット対策してますね

恵子さん

今までどおりの鑑定を行うにはそういうことも大事になってくるのよね。ネットに悪意をもって書かれるとだんだん無所属の霊能者が減っていくというか活動をしなくなっていくと思う。私も大きくは拘っていないからね

恵子さんは人伝えで知れ渡った方ですもんね

恵子さん

自分で管理できる部分はここまでになるって決めておかないとね

※スマートフォンが普及したので悪意に対して悪意で返しやすい場としてSNSがあります。
SNS絡みの相談は増えてきていると恵子さんも仰ってますが、SNSで悪いものを貰ってしまう人や悪いものを広めてしまう人なども少なくはないそうです。
SNSは便利なものですが同時に危険なものであることを私たちも改めて認識するべきであると感じました。

呪い返しは怖いですね

恵子さん

大体はそこまで重篤な物にはならないわよ。腕をちょっと怪我したとか、痣ができたとか内出血したとか。大体はその程度よ。ちょっとお友達を強くおもってしまったとかその程度なら問題はないわよ。霊能者に相談するとかになるとちょっと大変かもしれないけどもめったにないわよ

相談内容だとどれくらいの割合ですか?

恵子さん

呪い返しではないけども、祓ったら返ってしまったっていうのは百人いたら三人いるかどうかくらい。そこまで恨まれることってあんまりないからね

それでも気を付けておいたほうが良い感じですよね

恵子さん

気を付けてたりないってことはないからね

身近に霊能者がいない場合はどうしたらいいでしょうか?

恵子さん

神主さんが常駐してる神社で歴史のある神社とかに一度相談するといいかもしれなわね。神主がいないけれども古い神社とかは稀に神様がいることもあるんだけども、神様が寂しがってると悪い方向にいってしまうこともあるからね。神主がいればワンクッションあるから安心できる部分はあるわね

神主さんがお祓いとかしてくれる感じですかね

恵子さん

神主で難しい場合には他の霊能者の紹介もないとは言えないからね。私もごくまれにあるくらいだからね

あららららら

恵子さん

自分でどうにかするのではなく、神社とかにまずいってみるのがいいわね。解決させる場合にはだけど

解決しないのがいい人もいるんですか?

恵子さん

霊障とかの心霊体験が好きな人もいるからね。体に悪いから私はおススメできないけどもそういう人には私が無理には関与しないけれどもね

今回もありがとうございました。またよろしくおねがいします

恵子さん

またいつでもどうぞ

※イタコは対面での鑑定が基本でしたが電話などでの遠隔鑑定などが増えているのも現代のイタコといえます。同じように、電話占いも今まで対面での占いだったものが身近になってきた物と考えていいでしょう。
恵子さんのように電話での鑑定などに対応できるようなイタコも増えており、電話占いの占い師にもイタコが増えているのも納得できるかとは思います。

今回は霊障の中でも特に呪い返しに近い部分のお話を聞いてきましたが、身近に霊能者がいない場合には神社などで御神体がはっきりとしている神社などがあればそこに相談することなども解決に近くなるとも仰っていました。
歴史がある神社などは存在だけでもお祓いの効果がある場合もあるそうなので、神主が常駐している神社などに霊障などは一度相談してみるのも身近に霊能者などがいない場合には有効といえます。

霊能者は個人で能力が違っているので必ず同じ結果が出るとは限りません。
特に霊障などの解決法は個人で違うものになっているのがほとんどでありお祓いや除霊などの方法も違ってきます。
自分でどうにもできない悩みなどが霊障であり、専門家に任せてしまうことがベストな解決につながりやすくなると考えてもいいかもしれません。