人以外との生活ってどんなもの?不思議な日常と不可解な日常

霊的な存在との同居というものはどんなものなのか?
創作の中では見ても自分が実際に体験するということはまずないものの一つです。
そんな普通ならばあり得ない生活を現在進行形で台湾で過ごしている千鶴さんにの不思議な日常を直撃インタビューさせていただきました。

こんにちは。どうですかそちら?

千鶴さん

毎日変なもの食べてますね。独自の味付けが多くてまだ慣れないですね

人以外の方たちの生活のお話を聞きたいんですが

千鶴さん

ものすごい普通ですよ

気になってたんですけども、霊的な人たちってどんな外見なんですか?今風になってるとかあるんです?

千鶴さん

その時代の恰好はしてますね。たまにテレビや雑誌とか、町に一緒にというかついてきた時に今の恰好をまねたりはしますけども元に戻ってますね~

流行りには触れてみたい的なです?

千鶴さん

興味があるんでしょうね。私がパソコンとか触ってると見に来ますし、タブレットものぞいてきますね。今の時代の知識も結構ありますよ。なので、なんでこれはこうなってるんだろう?とか考えると起源からこっちでの流れとかは大体教えてくれますよ。嫌味とかも入りますけども(笑)嫌味じゃないか、からかうというか、こんなのもわからないのか!仕方ない奴だなっていうか

あー(笑)なんか独自の国民性を感じる(笑)

千鶴さん

まあ、家の人たちからすれば私は手のかかる末っ子、新人みたいな感じっぽいですね。最初の頃よりもずいぶんと付き合いやすくはなりましたよ

千鶴さんは人付き合いめちゃくちゃ上手だから元人間が相手なら大丈夫な気がする(笑)

千鶴さん

どうしたらいいかわからなくて結局は同じになっちゃいますけどもね(笑)家の人全員、男なんですけども意外とかわいいというか。見た目じゃないですよ、中身がというか

といいますと?

千鶴さん

こっちで流行ってるアイスがあるんですよ。そのアイスをクレープ包んだ奴が夏場に結構話題になって。先生が食べたいっていうんで私が買い出しに行ったんですよ。その時についてきた家の人が自分も食べたい。でも、あの人(先生)に見つかると怒られそう。って。先生はたぶん怒らないからほかの家の人も食べたいかもしれないから少し多めに買っていこうって事になって

ほっこりしてしまう(笑)アイスクレープが食べたいとか

千鶴さん

自分の時代にはこんなおいしそうなものもなかった。買い出しやこっちの話も聞いてくれる奴(千鶴さん)がきた。どうしても食べてみたい。お供えにしてほしい、って(笑)

なんか山盛り一杯あげたくなっちゃいますね

千鶴さん

ただ、食材無駄にするのはよくないので少しだけ多めに買って私と先生と家の人たちで食べた感じですね。お供物にしたやつはあとで私が食べればそんなに問題はないんで。なのでそんなに多くは無理というか

ですねえ。とくにアイス関係だと体も冷やしちゃいますからね

千鶴さん

あとは、私が先生との仕事の準備をしてる時に夜食を作ることが多いんですけどもその際にも夜食はこれにしよう、とか言ってきますね。肉うどんとかキノコうどんとかですけども。だと、先生が先に食べて私はお供物が終わってから食べてることが多いのでちょっと冷めてる時が(笑)

いやいや(笑)ちゃんと聞いてあげてる(笑)

千鶴さん

ものすごくごつい人がですよ、果物とタピオカの乗ったかき氷が食べたいっていうんですよ(笑)だと、毎回は無理でもたまにはいいかなぁってなっちゃいますよ。先生も、家の人の行動には特に注文は付けないので。仕事の邪魔とかをしない事で家の中や私や先生についてきてある程度好き勝手出来るので。何人か弟子は取ったらしいんですけども、ここまで家の人がのどかなのはないわねえって言われてしまって

人柄ですね、千鶴さんの

千鶴さん

どうなんですかね?でもそうだったらいいなあとは思います。歴史や事件、人の気持ちやいろんなことの裏側を教えてくれますからね。知識の宝庫というか。こっちのことも全部ではないですが読める部分があるので“これはなんだっけ?”みたいのに対しての答えをくれる事も多いんですよ

それは私でもうれしいかもしれない。調べ物が結構多いので

千鶴さん

おかげでこっちに来てから太りました

元が細いから大丈夫

千鶴さんは先生の身の回りの事などもしながら霊的な部分の引き延ばしを受けています。
見える人から対話のできる人、払うことができる人に順調に進んでいるそうです。

霊的な仕事の時にもついてきますか?

千鶴さん

誰かしらはきますね。あとは、家で占いとか相談を先生が受けるときはみんな見学してます。私が同じ事をしてる時には、にぎやかしに来るんですが

なんとなくその違いが分かってしまう(笑)

千鶴さん

私が占いをしてる横で“ろくでもない女だな”とかいってくるんですよ。わかってるけども笑ってしまいそうになるんですよ~まあ、アドバイスもいっぱいくれるんですけども。この人に憑いているものはよくないとか、その鑑定結果はちょっと違う。とかもいってきますね。大筋があっていても私に見えきれない部分を指摘してくれるので、家の人たちはみんな面倒見がいいと思います。ほかの家の人はちょっとわかりませんけども

残念なイケメンさんとはうまくいってますか?

千鶴さん

あいつは本当に残念です。ただ、最近は色々と話もちゃんとできるのとこっちが嫌がることはしないので。先生ともなんだかんだ話をしたりしてます。意外と社交性が高いと言うか、コミュ力が高いというか……依頼とかで先生といったりしたときも自分一人で向かった時も、同じ霊的な人と話をしたり話を取りまとめようとしてくれたりもしますよ。元々人が好きな体質ですからね。性格が悪いだけで、なれれば大丈夫です

性格が悪い(笑)

千鶴さん

今、顔真っ赤にしてそんなことはない!って言ってますが性格悪いですよ~ほかの家の人もげらげらわらってますけども。人の夜食を勝手にお供物にしようとするので。カステラやパンケーキが意外と好きなので私にそれを食べたくなるように働きかけてくるという姑息なことをしますよ

台湾カステラおいしいですもんね

千鶴さん

甘党なんでしょうね。タピオカティーとかホント好きなので。私も集中してしまうと飲み物や軽食とか手を付けずに仕事の準備してしまうんですが気付くと、んんんんん?ってなってるんですよね。で、家の人たちから“先に食われてる”“勝手に食べてた”とか言われるんで。あったかいものはあったかいまま食べれるようにタイマーとか使わないとだめですねえ

私もそういう部分があるからすごくわかる

千鶴さん

こまるのはたまに猫が来るんですが、本物なのか霊的な猫なのかの見分けがつかない時があって

ねこ

千鶴さん

そうです。猫。いつの猫なのかとか悩んでる間にいなくなっちゃうのと、家の人たちも猫だったなくらいしか反応しなくて。害はないんですけどもね。人以外の霊的な人たちがそこそこ我が家に入るのでそういう霊的な猫とかも通っていくみたいなんですよね。化け猫みたいなものじゃなく、普通に実家にいるような感じの猫なのでわからなくて。先生に聞いても“その猫はちょっと通っただけでしょ、気が向いたらまた来るでしょ。猫なんだから”って普通に言われて。なので、それもあって霊的な存在にも普通に接することが大事だなってちょっと思うようになりましたね

霊的な人たちのほかにも霊的な猫や動物も普通にやってくるという生活は私たちにはなかなか想像がつきません。
霊能者になればこのようなことも起きる可能性があるというものになります。

困ったこととかあります?霊的な人たちとの生活で

千鶴さん

最近はないですねえ。よく聞く性的な嫌がらせとかもないですし、来たとしてもその辺はねじ伏せますけども

他ではある話なんですか?

千鶴さん

たまに聞きますね。霊的な人に霊能者が惚れられてしまったとかも

残念なイケメンさんがそうなのでは

千鶴さん

ないですね~本当に心の底からないですね~本人も激しく頷いてますね

霊的な人たち同士の関係とかってどうなんですか

千鶴さん

家の人たちは割と仲はいいと思いますよ。時代はみんなバラバラでも庭とかでのんびり話をしたり、椅子に座って何か考え事していたり。まあ、他をあまり知らなというのはあるんですけども。女性がいないのはちょっと気になりますけども、まあもめごとが起きるよりはいいかなあって

なるほど……違う時代同士の人で話とかはあうもんなんですか?

千鶴さん

当代の話やお互いの時代の話をしたり、こっちの政治事情とかの話とかしてますね。普通に日本のおっさんたちが居酒屋であれこれ話してる感じに近いですね

居酒屋(笑)

千鶴さん

話もバラバラなのでお酒とかはないですけどもそんな感じであれこれ話してますね。あとは私が庭の手入れとかをしてると、このやり方だと虫が増えるからもう少しこれを足したほうがいいとかそういう話をしてきますね。でもこういうのは自分たちもこの庭を歩くので環境を良くしたい、快適に過ごしたいというやつだと思います。霊的な人たちは基本的に自分の欲求に素直ですよ。いい環境が欲しいから庭の手入れのアドバイスをくれる。自分たちがこの案件の終わりを見たいからよりスムーズに動けるように介入する。先生が言うには「霊的になると利己的になるのが普通。ここにいる連中は利己的ではあるけどもその部分をとがらせてはいない」って。すごくその通りなんですよね。自分の思うようには進めたいけども大筋を曲げることはしない。これってすごいことだと思うんですよ

だいぶ先生に強制された感じですか?

千鶴さん

基本的にこれ一本で食べてる人のところに残留してるんですよ。成仏とかしないで。好奇心が強くて、現世への未練ではなく介入することの楽しさ、答えの生み出し方、自分の考えが正しいことの証明に無上の喜びを感じるというか。なのでいつ先生に消されるかわからない状況ではあるものの楽しいが上回っているので残留してるというか

楽しいを最優先してるんですね

千鶴さん

不自由はあれどもそれ以上の面白さなんでしょう、こちらに介入できるということはたぶん

最後に、千鶴さんの師匠である先生についても少しお話を聞いてみました。

千鶴さんの先生ってどんな方なんですか?

千鶴さん

霊能者を何十年とやってる人ですね。家の中に霊的な人がいても気にならないし、いつでも消せるだけの自信がある。普段は普通の方ですよ。のんびりと過ごしたり、散歩したり、体操にいったりしてますね。買い物とか荷物が重いものは最近は私が言ってますね。仕事は淡々とこなすし、ジャニーズとかのオンラインライブみたりしますしアクティブな人ですね。人のことをまず悪く言わないし、私が納得いかないような相手でもきちんと諭していくんですよ。それでいて仕事はきっちりするのでかっこいいなあって思います。最近はジャニーズの子が元気の素って言ってますね

ジャニーズ、国際的ですね(笑)

千鶴さん

日本語もわかるからめっちゃ楽しんでますよ。オンライン系のライブやイベントをジャニーズだけじゃなくチェックしてますし、タブレットとかでものんびり見てますね。家の人たちが年を考えろとか言っても「だったらお前らも外見をこの子たちくらいのレベルに挿げ替えろ」とか言い返してますね。その辺を見ても先生は器が大きいなあって思ってます。なので、紹介してもらえてこうして住み込みさせてもらってるのも凄く運がいいというか……オンラインゲームとかも私よりもしてますよ。腕の動きが活性化するとか言ってましたね

充実してますねえ……

千鶴さん

雑用とかは私がやっちゃいますからね。気持ちや体を休めておいて集中して依頼を受けられるようにしてます。依頼の取りまとめやどれを受けるかのリストアップとかもして先生に提案することでいろいろと気づきもありますね

なんかすごいですね

千鶴さん

でもこの間は“松潤はやっぱりかっこいいわねえ”ってドラマを何度見てましたね(笑)でも先生がそんな風にしていて先生の持ってる気?ってやつですか?それが安定してると、すごく一緒にいて気持ちいいんですよ。何とも言えないというか……あったかいし、ものすごく眠くなるんですよ

先生がパワースポットというか、マイナスイオンというか

千鶴さん

遠隔や透視もがんがんできる人なので、Kさん(筆者)のことも面白い人よねえってたまにいいますよ

なんと、認識していただいていた

千鶴さん

こういう話をして、それを書いてる人ってのもわかってますよ。悪いとかだめとか言われてないので問題無いんだと思います

ありがたい限りですね。先生にもよろしくお伝えください

千鶴さん

家の人たちはいつか成仏とか消滅はさせるんですか?って聞いた時にも「自分がもうじき死ぬってなったときには全員に聞いて答えを出す」って言ってますね。家の人たちは完全な善ではないですがそれなりに力の強い人ばかりなので……もし、いい所があれば先生も消さずに存続させたいんじゃないかなあって……そういう部分も凄く考えてくれる人なんですよ。懐が大きいなあって思います。松潤が大好きですけども

もうめちゃくちゃ可愛い人にしか思えない(笑)

千鶴さん

容赦ない時もありますけども、私は大好きですね。たまに家の人に突っ込みを入れたり入れられたりしてます。先生は意外と日本食も好きなので出来る範囲で私も作ったりしてますよ。台湾だと香辛料とかこちらの食材でアレンジされるので。おでんとかを日本式で作ってる感じですね。和だしっぽくして

あ~なんとなくおでんとかはすごくわかる

千鶴さん

卵とかタコ足とかは私が作るんですけども、日本に来たことのない家の人たちにも好評ですね。酒が欲しいとか言ってくるのもいるのでお酒は先生に交渉してもらうように言ってます。お酒って霊的な人にも力をつけちゃうので

なんかいろんなものがあるんですね……でも、普通には全く分からない世界の話で、それでいてなんか千鶴さんの家の人たちはみんな人間臭いというか

千鶴さん

良くも悪くも人としての我が残ってるんでしょうね。だからある程度のすり合わせができるんだと思ってます。でも、あくまであちらは霊的な存在だってのいうのは忘れないようにしてます

今回も凄く興味深いお話ありがとうございました。また、いろいろと聞かせてください

千鶴さん

帰る際には連絡入れますのでよろしくお願いします~

お疲れさまでした~