Pocket

電話占いは手軽なのでついつい頻繁に利用してしまう人も少なくありません。
電話占いは次回いつかけるなどの制約がなく、1回の鑑定だけで満足する人もいます。
ですが、この手軽さなどで起きるトラブルも多く、ここでは悪質な占い師などに当たらないためのチェックポイントを実際にあった事件を少し紹介しながら解説していこうと思います。

平均利用は月1回程度

電話占いは占い師によって金額が違うことが多いです。また、通話料金も自己負担であることが多いことから平均利用回数は憑き1回程度が多く、困ったときに相談していくという形になっています。
これは対面式の鑑定でもほぼ同じであり月1~2回程度の利用が平均です。

ですが、電話占いは対面式の鑑定よりも手軽であり今すぐ占ってほしいという場合にも即時の鑑定を受けて行動することもできます。このことから頻繁に利用する人もおり、1回あたりの利用料金は少なくとも、一月の利用金額が高額になってしまったというトラブルも後を絶ちません。

平均利用額は?

平均利用額は?

1回の平均利用額は4000円~6000円であり鑑定時間も20分~30分が最も多いです。
これは対面式でも同じくらいの金額になり、趣味に使う金額の範囲であるといってもいいでしょう。
ですがヘビーユーザーの場合は一か月の累計が5万円以上などもあり、頻度が高いのはどうしても高額になりやすいといえます。
<実際にあった事件>

国民生活センターなどにも電話占いのトラブルは多く寄せられています。
これは電話占いがメジャーになり母体が増えてきたことでトラブルが表面化してきたということでもあります。

引き伸ばしによる事件

占いサイト引き延ばされて利用料金が高額に

この事件は鑑定結果をいつまで引き伸ばし高額請求につながってしまった事件になります。
本物の占い師は希望の鑑定時間を伝えることで出来るだけその時間内に収めてくれるようにしてくれます。
また、電話占いサイトによっては高額請求にならないように操作に不慣れな初回は10分までの鑑定、2回目は20分、三回以降は時間の延長などをある程度自由にできるなどの措置を取っています。
これもこのような悪質な占い師が起こした事件からであり、電話占いについてしまったダーティーなイメージを払しょくするために業界の動きの一つとしてもあげられます。

頻度をわざとあげさせる

占い師と何度も有料メールをやり取りさせる占いサイト

有料のメール鑑定を何度もさせることで高額請求をさせるなどの占い師も残念ながら過去に存在しました。
このことから多くの電話占いサイトでは文字数制限なしで一往復での鑑定料金にしています。
鑑定後に占い師からのアフターメールなどを導入している電話占いサイトもあり、頻度をあげずとも精密な鑑定結果を常に持ち歩ける様にしてくれています。
占い師にもよりますがおおくて3往復、ハイクラスの占い師ならば1往復でも純分な鑑定結果を得ることに繋がります。

偽占い師

除霊サービスと不法行為

電話占いの占い師は霊感体質の占い師が多く、より深い鑑定を行う際に除霊などを行ってくれることもあります。
多くの電話占いサイトでは除霊なども鑑定料金の中に入っており、純粋に鑑定した時間の金額以外の請求が来ないことが一般的です。
ですが個人の電話占いサイトなどでは除霊なども別料金でおこなうなど、偽物の占い師であっても除霊をしたふりや占い師のふりなどもできるという部分なども出てきます。
事例は電話占いではありませんが電話占いの占い師が偽物だったという事例は非常に多く、個人の電話占いサイトなどで頻繁に起きるトラブルのひとつになります。

電話占い最大の事件、偽占い師がメィデアで紹介されてしまう

世界仰天ニュース

これは世界仰天ニュースで紹介された電話占いの事案になります。
電話占いが雑誌などに取り上げらえるようになり、様々な大手サイトがベース的な運営を始めた時期の事件になります。

電話占いは自宅で手軽に相談ができる、地方であっても都心部と同じように占いを楽しむことができ爆発的な人気を引き起こしました。

深夜に感じる不安でも対応してもらえる。
ただ話を聞いてほしい、そんな時でも電話占いは対応してくれる存在として認知されつつあった時です。

この事件は偽占い師がユーザーに対して多くの金銭負担、メンタルを壊していき依存座セルなど、電話占いの中で最も大きな事件として取り上げられ全国ネットで流れることになりました。
この放送を見た人の多くが電話占いに対して「高額」「詐欺の横行」「偽物の霊能力者」というイメージを持つようになり、多くの電話占いサイトが糾弾されることになりました。

この電話占いサイトは雑誌に載っていたサイトになりますが、雑誌の広告力は実は案外少ないものです。
回収できる見込みがあるならば1回払うだけでも10人以上確保できれば広告費は個人のサイトであれば問題なくペイできるといってもいいでしょう。

個人で運営する電話占いであれば必要なのは回線と自分だけになりもとではほとんどかかりません。

この事件は前述の頻繁な鑑定、累計高額請求、偽占い師の除霊ごっこなどすべてを網羅している事件とってもいい存在です。

このことで多くの電話占いサイトから占い師が去ってしまい、一時的に電話占いサイトはかなりの減少をたどることになりました。

下記で詳しくまとめ、且つ面白い記事になっていますので見てみて下さい
【電話占い事件簿】仰天ニュースにも取り上げられた悪質な占い師!電話占いの実態私は騙されました

占い師たちの動き

ですが、一部の高い能力をもつ占い師たちはこの事件に真っ向からぶつかりました。
占い師側が電話占いサイトに管理を求めたのです。

・占い師との不要な接触はNG
・直接対面はNG
・プレゼントは受け取らない。発送させない(対面イベントなどはOK)
・占い師からの直接対面が出た際の回線の切断
・メールは文字数制限をなくし1往復での単位での請求にする

これらは現在、大手の電話占いサイトをはじめ多くの電話占いサイトでほぼ共通事項になっているものになります。
見たことがある人も実際に多いかと思いますがこの事件が業界に起こしたものは非常に大きく、現在の電話占いは安全度をより重視したものになりました。

大手サイトでの情報共有

電話占いサイトは非常に多くAというサイトでトラブルを起こした占い師がBというサイトで名前を変えて営業をしているという事件もありました。
ですが、トラブルを起こす占い師はどこでもトラブルを起こしてしまい、同じ結果を招いてしまいます。
このことから大手サイトなどはある程度の情報共有を行っておりトラブルを起こす占い師の排除などを行っています。

占い師のクオリティの重視

前述の仰天ニュースの占い師は明確な偽物でした。
このことから霊能力があるという自称だけではなく、鑑定を実際におこなってみてどこまでの的中率があるのかを見ていくなども大事になりました。

各サイトの厳しい審査で何度が落された占い師も存在します。
これは霊能力を歌うならば本当に能力がある占い師でなければまた事件を繰り返すと業界が判断したといっていいでしょう。
占い師のクオリティの重視

頻度を上げさないサイトの見分け方

電話占いサイトでは利用頻度の管理は行っていません。
ですが、高額請求にならないように対応しており、前払い制で超過を起こさないようにしてあるサイトなども多くなってきました。
時間が来たら自動切断などのサイトもあり、各種サイトの活動により国民生活センターに相談される件数も激減してきました。

前述にあげた事件は黎明期のものになりますが、いつ私たちがそのような悪質な電話占いサイトに出会わないとは言えません。

大手電話占いサイトは安全性が高い

大手電話占いサイトは安全性とセキュリティが高いことが多く、母体になる運営会社もはっきりと明記しています。
住所などもコピーとペーストで簡単に検索できるようになっており、画像などで住所を出すなどがありません。
逆に、住所などをすぐにコピーできない画像のサイトなどは注意が必要だということです。

また、母体を明記することで他の事業などを行っていることを知ることもでき、電話占いだけではなく経営ノウハウやトラブル対策などもしっかりと出来ることがわかります。

料金がはっきりとしている

1分の鑑定料金をぼかさずにしっかりと書いていることも頻繁に鑑定することを防ぐことに繋がります。これは予算を立てやすくなり、今月はちょっと厳しいから来月になってから鑑定をお願いしようなどと考えることができるからです。

また、鑑定料金以外の祈祷料金、祈願料金、除霊料金などもはいらないことも頻繁な鑑定を遠ざけることになります。
これらの行為が必要だと占い師が判定した場合には鑑定中に行ってくれるのと、それも込みでの鑑定料金になっているのが大事な部分になります。

なので、基本的には1分の鑑定料金が300円で30分鑑定してもらい、その中で祈祷と除霊もしてもらった場合には「300円×30分=9000円」が請求になりここに他の料金は加算されません。
また、占い師が個別にこれらの料金を請求することも規約違反でありこの場合はコールセンターなどに即時連絡することが大事になります。

アフターメールのサービス

これはメール鑑定と引き伸ばし鑑定を繰り返し行った占い師の事件から、鑑定後の補足やより詳細な内容など、専門用語などの解説などを占い師が送ってくるサービスを導入している電話占いサイトも存在しています。
メール鑑定なども前述であげましたが多くて三往復、基本的には一往復で鑑定が終わることがほとんどです。
文字数制限などもないので、しっかりと内容を書くこともできるのが頻繁な鑑定をユーザーの負担を軽減することにも繋がっています。

イチオシ占い師がいる

イチオシ占い師がいる

電話占いサイトの看板を背負ったイチオシ占い師がいるかどうかも安全度に繋がります。
看板占い師は低能力がずば抜けて高いことが多く、鑑定結果も納得と満足度の高いものが多いことから1回の鑑定でばしっときめてくれます。
もちろん、また悩みなどができた時には再度指名等を行うことでリピート率などのたかさにも繋がりますが看板占い師の鑑定は基本的に1回での鑑定でも満足ができるので同じ悩みで何度も鑑定を求めることを防ぐことにも繋がっていきます。

霊能力の高い占い師はもちろんですが学問として占いを行っている占い師のいる電話占いサイトなどもおススメサイトになってきます。
はっきりと数字や確立などでの鑑定結果を求めることができるので男性の依頼人なども多いのも特徴の一つです。

逆に看板占い師やイチオシ占い師がいない場合には少し様子を見てもいいでしょう。

本物の占い師とは?

本物の占い師は1回の鑑定でも満足度の高い鑑定を行ってくれます。
引き伸ばし行為もなく、こちらのほうで「20分でお願いします」といった際にも時間内にできるだけおさめてくれることや、時間が伸びそうな場合には事前にこれくらいの時間になるという目安も伝えてくれます。
予算がおバーしそうな場合にはその面も汲んでくれるのが本物の占い師になります。

料金が意外と安く済むこともある

1分500円等の占い師も増えてきており、時間単価だけを聞くとちょっとお願いできないなあと感じる人も多いかと思います。
中堅占い師であれば1分240円等の場合も多く、気軽に頼めるというのも電話占いの良さでもあります。
ですが、ハイクラスの占い師は意外に料金が安く済むことがある場合も多いのも事実です。

これはハイクラス占い師が20分、1回の鑑定で終る場合に対し、中堅占い師は45分、3回の鑑定で結果が出たなども良くある事案になります。

この場合の計算方式になりますが

500円×20分=10000円
240円×45分=10800円×3回=32400円

という状態になり、ハイクラスの占い師で引き伸ばしなどもないことから料金が採取段階でここまで違いが出てきます。

余計なものを売りつけない

電話占いは基本的に声のやりとりになります。
お祓いや祈祷、祈願、除霊などでも通話中にすべて行ってくれるのでお札などの購入は必要ない状態です。
逆に商品などを売りつけてくる占い師などは正直言って鑑定をそこで打ち切ったほうがいい存在になります。
電話占いサイトなどでも販売などはほとんど行っておらず、対面式の鑑定のイベントなどで占い師の監修したパワーストーンのブレスレットなどを安価で購入できるなどの展開になります。

会員限定のプレゼント企画などで占い師からのプレゼントなどがある場合を除けばほとんどありません。
本物の占い師は鑑定中にすべて完結させてくれます。

次の鑑定の指定をしない

次の鑑定の指定をしない

多くの事件から占い師たちは次の鑑定を占い師側からの指定をしないようになりました。
気になることができたらまた相談してほしいというスタンスであり、ユーザーの恐怖心をあおることはしないのが本物の占い師です。
クチコミなどで「厳しいけれどもしっかりと鑑定してくれる」「癒しだけじゃなく導いてくれる」などの内容があるなども占い師がカウンセリングではなく、鑑定結果を重視していることがわかります。

頻繁な鑑定の方が占い師の収入は単純ですが増加します。
ですがそれは悲しい事件を招いてきたことであり、占い師たちはできるだけ1度の鑑定で終らせるように尽力しています。

電話占いは気軽にできる反面、とても注意が必要です。
大手の電話占いサイトなどがおすすめにあがるのはそれまでに積み重ねた信頼と実績、】安全性などであるといってもよく、安全性の高いサイトであれば占い師も鑑定だけに純粋に力を出すことができることなどから質の高い占い師が集まりやすい環境になっているといってもいいでしょう。

また、大手サイトでは全国でアマチュアで実力のある占い師をスカウトしており、常にクオリティを安定させることに力を入れています。
このことから一人の占い師が体調不良などで休暇に入った場合でも他の鑑定水がカバーできるようになっており、一人の占い師への負担を減らすことにも繋がります。

また、占い師によっては1日の鑑定可能人数を設定することで最大限の能力で鑑定できるように環境を整えるなども可能でありより鑑定を充実させる結果につながっています。

まとめ

まとめ

占い師から次の鑑定時期や小出しの鑑定を行うことは大手サイトでは禁止されています。
頻度の高い鑑定だから鑑定結果が充実するということではなく、1回の鑑定でどこまで密度の濃いものにしてくれるかなども大事な部分と考えていいでしょう。

今回は実際にあった事件などを少し取り上げてみましたが、このような事件を知ることで本物の電話占いサイト、本物の占い師に出会いやすくなります。
この記事を読んでいる人には悲しい事件に巻き込まれてほしくない、電話占いは本当にいいものだということを伝えたくこのページを作成しました。

頻度の平均回数などは個人差はあります。
ですが1か月に10回などの頻度を求める占い師はこちらからNGといって問題はありません。

関連記事